体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ミリタリーへの招待】一番身近な自衛隊「地本」のお仕事に迫る!

自衛隊には「地方協力本部(地本)」という組織があります。イベントや地域のお祭りなどで「自衛官募集」というブースを見たことがありませんか? あれを出展しているのが地本です。地本はどういう仕事をしているのか、なかなか判りにくいと感じてる人もいるんじゃないでしょうか。今回は、そんな「地本のお仕事」についてご紹介します。

【関連:パイロット達の「二つ名」】

自衛隊千葉地方協力本部におじゃま!

自衛隊千葉地方協力本部におじゃま!

取材に協力していただいたのは、Twitterでの自衛隊っぽくないツイートで知られる、自衛隊千葉地方協力本部(千葉地本)。千葉地本の本部は千葉市稲毛区、JR西千葉駅の近くにあります。アニメ・ラノベ的に立地を表現すると『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』と『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の舞台に挟まれたところ。JR西千葉駅北口からまっすぐに伸びる道を歩いていき、左側にある大学の敷地が切れると、上に「千葉地本」と書かれた建物が見えます。季節柄、クリスマスツリーがありますね。

玄関を入ると、千葉県内に所在する様々な部隊の識別帽や、自衛隊体育学校に所属するオリンピック選手の写真などが並ぶ展示ケースが。今までのイベントなどに合わせて作られた缶バッジも色々あります。種類があるので集める楽しみもありますね。個人的にはハロウィンのがお気に入り。

玄関脇の展示ケース

玄関脇の展示ケース

缶バッジの数々

缶バッジの数々

◆地本を知ろう!

千葉地本の全体像について教えていただいたのは、第30代本部長の前田丈典1等海佐。千葉地本では、6代連続で海上自衛隊から本部長を迎えているそうです。

第30代本部長・前田丈典1等海佐

第30代本部長・前田丈典1等海佐

地方協力本部は、地域における防衛省・自衛隊の窓口となる機関。組織上は陸上自衛隊の各方面隊(地域ごとに防衛・災害派遣を担当する最大の部隊単位)に属しています。千葉の場合は、東部方面隊(関東甲信越・静岡県が担当範囲)の指揮下ということに。県内では本部の他、9カ所(千葉・船橋・市川・柏・茂原・成田・旭・木更津・館山)に地域事務所・募集案内所があり、それぞれの地域における活動を担当しています。

地本の組織は任務ごとに大きく4つに分かれます。

公文書や国民保護、災害発生時の連絡調整に当たる「総務」
自衛官や各種学生、予備自衛官の募集に当たる「募集」
即応予備自衛官の招集や予備自衛官・予備自衛官補の管理、退職する自衛官の再就職支援に当たる「援護」
各自治体などとの窓口業務、父兄会や自衛隊協力会、各種イベントの協力や援護、自衛隊のPR活動に当たる「渉外・広報」

本部長曰く「自衛隊の入口(募集・広報)から出口(再就職援護)まで担当しています」。自衛隊の仕事をぎゅっと圧縮した感じで、防衛省・自衛隊を一般企業に例えれば、地本は地方の支社・営業所といった感じです。

現在、陸海空の各自衛官と防衛事務官、あわせて約100名が所属しているのですが、陸海空自衛官の比率は、時期によって多少の変動はあるものの、おおむね自衛隊全体における各自衛隊の人数構成比と同じだとか。自衛官が地本に赴任してくる経緯ですが、これは通常の人事異動とほとんど変わらないそうです。希望を出して異動してくる人あり、定期的な人事のローテーションあり……。任期は本部長の場合2年、幹部(3尉以上)は2~3年、それ以下の曹士に関しては平均4年程度で異動していくことになっています。あまり長くい過ぎても、今度は仕事のマンネリ化を招く恐れがありますものね。年齢構成は、入隊したばかりの若手はあまりいなくて、中堅クラス以上(千葉の場合、全員3曹以上)の自衛官となっています。

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy