ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Doll☆Elements×NEO fromアイドリング!!!、コラボDVDシングルのリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人形と変身をコンセプトに活動するDoll☆Elementsと、「現在進行形で成長するアイドル」として様々なことに挑戦してきたフジテレビ発のアイドルであるアイドリング!!!の派生ユニット、NEO from アイドリング!!!。TOKYO IDOL FESTIVAL 2014のコラボレーションをきっかけに、総勢12名によるユニット・どる☆NEOとして、12月21日に東京・渋谷DUO music exchangeにて2マンライブ「NEO from アイドリング!!! & Doll☆Elements X’mas Special Live」を開催した。

NEO from アイドリング!!!とDoll☆Elementsは、デビューが近いこともありTOKYO IDOL FESTIVAL 2014での共演や Doll☆Elementsのワンマンライブにサプライズ登場するなど、互いに仲を深めていったという。クリスマスが目前に迫る12月21日に開催されたNEO from アイドリング!!!& Doll☆Elements X’mas Special Liveでは、会場となった東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGEのステージがイルミネーションで飾られクリスマスムードに彩られた。詰め掛けたおよそ700人のNEO from アイドリング!!!とDoll☆Elements両グループのファンの期待感、熱気がいつにも増して高いことが会場の空気感によって伝わってくる。

そんな中で両グループ合わせて総勢12人がサンタクロースの衣装で登場。クリスマスソング「きよしこの夜」を歌うと会場は色とりどりのペンライトにより幻想的な空間となり「NEO from アイドリング!!! & Doll☆Elements X’mas Special Live」のスタートに華を添えた。

まずステージに登場したのはDoll☆Elements。会場が暗転し、オーディエンスがペンライトでお人形を動かすとステージ上に5人が登場する。さっそく披露したのは、1月7日に発売になる5thシングル「君に桜ヒラリと舞う」。和テイストとストーリーがある歌詞の楽曲でステージ上を激しく動き回るパフォーマンスでスタートから盛り上げる。

2曲目の「君のネガイ叶えたい!」のイントロが流れると一瞬の暗闇が会場を包み込む。そして再びステージに光があたると、和テイストの衣装から一転、キュートな衣装に変身(早着替え)して会場を驚かせるなど、圧巻のパフォーマンスを見せた。

続いて、Doll☆Elements がステージにNEO from アイドリング!!!を呼び込むと、会場の熱気はさらに上昇。「Sakuraホライズン」を披露すると会場の声援が止まらなくなる。続けてコール&レスポンスで満員のファンを巻き込むとさらに会場が盛りあがる。そんな勢いそのままに9月3日発売の3rdシングル「キミといたナツ」に流れ込む。フレッシュ感あふれる7人のパフォーマンスに会場全体が魅了された。最後に、今回のクリスマスにぴったりな「寝乙女X’mas night」を披露する頃には、ペンライトが艶やかに乱舞し会場の一体感は強固なものとなっていた。

そして、Doll☆ElementsがNEO from アイドリング!!!のデビュー曲「mero mero」をNEO from アイドリング!!!がDoll☆Elementsの「君のトナリで踊りたい!」をそれぞれ披露。「胸アツ生誕祭!!!」「with you」は総勢12人で披露し、Special Liveならではのパフォーマンスでファンを大いに楽しませた。

しかし、これだけでは終わらない。アンコールでは新衣装で12人が登場すると、どる☆NEOでのDVDシングル「ショコラ☆ロマンティック」を2015年2月11日に発売することが発表された。権田夏海が「発売日が2月11日ということもあり、バレンタインにぴったりな甘くとろけるような楽曲です。今日はいち早く披露しちゃいます」と語り、早速この楽曲の初披露も行われた。どる☆NEOでのリリースイベントも決定しているという。

リリース情報
どる☆NEO(Doll☆Elements×NEO from アイドリング!!!)DVDシングル「ショコラ☆ロマンティック」
2015年2月11日発売
MUBD-1055 1,389円+税

関連リンク

Doll☆Elementsオフィシャルサイトhttp://www.doll-elements.com/
■NEO from アイドリング!!! オフィシャルサイトhttps://idoling.fujitv.co.jp/members/neo_members

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP