ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたのふるさとはどんな味? ご当地雑煮を作ってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「うちは丸餅で具だくさん!」「私の地元はしょうゆベースで焼いた餅を入れる」などなど、お正月が近づくと出てくるご当地雑煮の話題。みなさんのふるさとの雑煮はどんな味だろうか?

雑煮の餅は、東日本は角餅、西日本は丸餅に分かれているのだとか

ほかの土地の雑煮も食べてみたいという人も多いはず。そこで、ご当地雑煮を作ってみることにした。今回は丸餅を入れる京都の雑煮作りに挑戦!白味噌たっぷりの京都の雑煮

【材料(4~5杯分)】

近所のスーパーで丸餅が売っておらず、仕方なく鏡餅を購入

・水…500ml
・だしパック…1包
・白味噌(西京味噌)…200グラム
・丸餅…人数分
・大根… 1/2本
・金時にんじん(にんじんでもOK)…1/2本
・小さめの里芋…人数分
・かつお節…適量

【作り方】

1.鍋に水とだしパックを入れて20分つけ置きする。20分たったら鍋を火にかけ、沸騰したら中火で約5分煮立てる

2.大根と金時にんじんは皮を剥いて薄切りにして、1とは別の鍋で柔らかくなるまで茹でる

3.里芋の皮を剥き、蒸し器で蒸す、もしくは蒸し煮して柔らかくする。煮る場合は吹きこぼれやすいので注意。時間がない時は、今回のように皮剥き里芋を使うと便利

4.1の鍋からだしパックを取り出し、大根と金時にんじん、里芋を入れ、白味噌を溶いて味を調える。そこに、別ゆでした丸餅を加えて軽く煮込む。鍋に直接お餅を入れて茹でてもいいが、白すぎて餅が見えなくなるので別茹でをオススメする

5.器に盛り付け、かつお節をふりかけたらできあがり!

まるでクリームシチューのように真っ白な見た目。食べてみると……甘い! こってりとした甘さにだしが効いていて、濃厚で食べ応えがある。いつも同じ味の雑煮では飽きてしまうが「今日は東京、明日は北海道」と毎日味を変えたらなんだか楽しそう。

というわけで、関東のご当地雑煮のレシピもご紹介しておこう。関東風雑煮

【材料(6杯分)】

 ・だし汁…8カップ
・鶏モモ肉…100グラム
・大根…15cm
・にんじん…1/2本
・小松菜…1束
・塩…適宜
・しょうゆ…少々
・角餅…人数分
・ゆず皮…少々
・みつば…少々

【作り方】

1.大根、にんじんの皮を剥き、いちょう切りにして鍋に入れて柔らかくなるまで茹でる
2.小松菜は塩を入れた熱湯で軽くゆがき、水を入れたボウルに移す。水気を絞り、3センチ幅に切る
3.だし汁を鍋で温め、一口サイズに切った鳥もも肉を入れて、塩としょうゆで味を調える
4.3の鍋に、大根とにんじん、小松菜を入れる

5.焼いた角餅を器に入れて、4の汁をかけて細切りにしたゆず皮と三つ葉を飾れば完成だ。三つ葉の茎の部分を軽く半分に折り、ひと結びした「結び三つ葉」を入れるとよりお正月らしさがアップする

ちなみに、筆者の地元愛知県では角餅をそのまま煮込んだトロリとした雑煮なので、焼いた餅に汁をかける関東雑煮を初めて食べた時はとても驚いた。普段食べている雑煮もいいが、たまにはちょっと違う雑煮も新鮮でいいかもしれない。

(田村里佳+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP