ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK紅白ヒストリー 出演後出禁になった男性アーティスト達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で第65回を迎える『NHK紅白歌合戦』は数々のドラマを残してきた。その中で、以後出禁になったこんなアーティストも…。

 第36回(1985年)、初出場でトップバッターだった吉川晃司は曲中にシャンパンを口からまき散らすパフォーマンスで仰天させ、さらには歌が終わるとギターにオイルをかけて火をつけるという暴挙に。次に歌うはずの河合奈保子は舞台からソデに戻ってしまった。その次のシブがき隊の出番まで尾を引き、布川敏和がステージで2度転倒。もちろん、この暴挙により吉川晃司は紅白出禁となった。

 ちなみに布川は、「メンバーには内緒でわざとコケたんです」と2011年12月8日号の『アサヒ芸能』で語っている。

 また、ドイツ統一の1990年、第41回は紅白初の海外中継を実施。初出場ながらドイツのベルリンから中継となった長渕剛は、紅白史上最長の3曲16分間歌った。その際、現場のスタッフを非難して不評を買った。これにより長渕は紅白出禁となるが、2003年にようやく出場を許され、2011年、2014年へ続く。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NHK紅白の目玉として長渕剛説が浮上 被災地からの生中継か
【紅白歌合戦トリビア】「1年に2度」行なわれたことがある
65年続く紅白歌合戦 出場者を1人しか輩出してしない県は?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。