ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで幽霊船?水と光が織りなす幻想的な光のイメージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホリデーシーズン真っ只中の今。

世界中で趣向を凝らしたインスタレーションが展示されているが、オランダ・アムステルダムの”Amsterdam Light Festival”というイベントの、ちょっと変わったインスタレーションが話題を呼んでいる。

オランダ海洋博物館の近くの港に出展されている、“幽霊船”のような、この光のインスタレーション。

その名もずばり”Ghost Ship”。

幽霊船は、直立する水のカーテンに光が交差するように投影されており、どの角度から見ても船が浮かび上がるという。

遠目にぼんやりと浮かび上がる姿が、なんとも幻想的だ。

周囲の街並みも美しく、ロマンティックな雰囲気を盛り上げてくれそうだ。

“Ghost Ship”を手掛けたのは、ルーマニアの若手建築家/デザイナー集団、Visual Skin。

モチーフとしたのは、アムステルダムが拠点の「東インド会社」の沈没船。この船が時を経て、戻ってきたというコンセプトだ。

来年1月18日まで開催中なので、会期中にオランダを訪れるチャンスがある人は、ぜひ立ち寄ってみては。

visualSKIN
http://www.visualskin.ro/post/105909027108/ghost-ship

インスタレーション(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP