ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】テイラー・スウィフト 「シェイク・イット・オフ」が洋楽チャート10週目の1位で、ファレルの最長記録と並ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スフィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて10週目の1位を記録した。

 3週に渡り首位をキープしていたワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」を下し、先週1位に返り咲いたテイラーの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。エアプレイ・チャートでは、先週4位より10位へとランクを落しているが、引き続き絶好調なデジタル・セールスのポイントを受け、今週も洋楽チャートで首位をキープする結果となり、現在ファレルの「ハッピー」が保持する洋楽チャートでの首位最長記録の10週と並んだ。

 そのテイラーを脅かすのは、今週2位のマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」。エアプレイ・チャートでは先週から1ランクダウンしているものの、デジタル・セールスではテイラーを上回っている上に、毎クリスマス・シーズン必ず1位に君臨していることもあり、首位交代に王手をかけている。そしてマライアを筆頭としたクリスマス・ソングもチャートを上昇しており、7位にワム!の「ラスト・クリスマス」、8位にアリアナ・グランデの「サンタ・テル・ミー」などトップ20圏内に計7曲のクリスマス・ソングがランクインしてきている。

 そんな中、圧倒的なエアプレイ・ポイントとともに順位を上げてきているのが、今週3位のマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」と4位のサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」。両者ともエアプレイ・チャートにてトップ5圏内にランクイン、新作リリースに向けてのプロモーションやグラミー効果でもツイート・ポイントを蓄積しており、クリスマス・シーズンが終わった後の首位有力候補となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

12月29日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート
元スーパーグラスのギャズ・クームス、来日公演が決定
米コメディドラマ出演の女優、ビヨンセからのクリスマス・カードに大喜び

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP