ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨーロッパ版なまはげ祭り『クランプス』が怖い! 悪い子供と女性に罰を与える悪魔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ、オーストリア、ハンガリーなどの一部の地域に古くから伝わる伝説の怪物『クランプス』。

彼らは毛むくじゃらの皮膚を持ち、鋭く長いツノ、大きく開いた口にドラキュラのようなキバが生えている。

表情は怒りそのもので、雪深いクリスマスシーズンに現れ、悪い子供や若い女性に対して罰を与えるという。しかし、良い子供には聖ニコラウスがお菓子や人形などのプレゼントをしてくれる。

ドイツのバイエルン地方では、毎年12月の上旬になるとクランプスが野外を練り歩き、悪い子供や女性に注意や罰を与えてまわる(特に12月5日は暴れまくる)。

クランプスの武器は鎖(くさり)で、言うことを聞かない悪い子供はその武器で……。

まるで日本の秋田県で伝わる伝説の妖怪『なまはげ』のようである。いや、怪物のコンセプトや行為は『なまはげ』そのものともいえよう。

もしかすると、太古の祭事がヨーロッパの一部と秋田県に伝わったのかも!?

怪物としてどちらが恐ろしいのか、なまはげとクランプスが競い合うのもおもしろいかもしれない。

しかしなまはげは包丁を持っているので、鎖より強いかも!?

もしこのクランプスの祭りに参加したい人は、地域によってメインとなる時期が違うので確認しよう。12月のクリスマスシーズンに開催されるので、年末の旅行ついでに参加するのもいいかもしれない。

日本から行く場合、ドイツのバイエルン地方が行きやすいだろう。

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/
Via: salzburger-bergadvent.at

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP