ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィーンの大晦日が盛大すぎてステキ! 夜空で輝く花火が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパ諸国の年末年始は非常に盛り上がります。特にオーストリア・ウィーンの大晦日(シルヴェスター)はかなり盛大。

市庁舎から何発もの巨大な花火が打ち上げられ、まるで魔法のごとく夜空を照らします。

多くの人たちがウィーンの街に繰り出し、スパークリングワインやシャンパンを飲んでくつろぎ、花火を見て楽しみます。

年末年始にかけてヨーロッパを旅する人は「ウィーンに行かなきゃ損!」といえるくらい大規模で感動的です。

街はイルミネーションで彩られ、空は花火で輝きます。この日だけは、朝まで飲み明かしても許される日!

そう言い聞かせて翌朝まで大晦日を楽しむのです。

パブやクラブより野外で大晦日を過ごしたい人は、ワインを温めたグリューワインを飲みつつ歩くとよいでしょう。

砂糖やオレンジピールなどが入っているので、身も心も温まりますよ。

ただし、オーストリアの冬はかなり寒いです。しっかりとした防寒具でシルヴェスターに挑みましょう。

きっと、一生に一度の素晴らしい体験になると思いますよ。

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/
Via: KURIER

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP