ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェロ、初の自作&英語詞の切ない新曲「Break My Heart」クリスマス・イブに配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ人演歌歌手のジェロが、12月24日に新曲「Break My Heart」を配信シングルとしてリリースした。

「Break My Heart」は、ジェロが初めて作詞に挑んだ意欲作。そして驚くべきことは、「脱・演歌!」―なんと英語によるR&Bの楽曲なのだ。そんな本作についてジェロは「今回、初めて作詞に挑戦しました。さすがに日本語で詞を書くのは難しいと思って、英語で歌詞を考えることにしました。そうしたら、思っていた以上にスムーズに書くことができましたね」と語っている。

そもそものキッカケは、ジェロがレギュラー番組として出演しているFM横浜「Break It Down」。同番組で共演している音楽プロデューサーのDickey氏とR&B制作企画で意気投合、そこから一緒に曲作りへと発展した。ギタリストでもあるDickey氏がR&Bバラードを作曲し、ジェロが詞を乗せた。「Dickeyさんの曲を聴いてからストーリーをイメージしていきました。フレーズを思いついた時にすぐメモしておいて、パズルのように組み合わせていきました」と言う。

ジェロは「海雪」で衝撃的デビュー。その年の新人賞を総ナメにし、紅白歌合戦にも出演した。以来、演歌歌手として活動している彼だが、演歌は幼少時に日本人である祖母の影響を受け好きになった。祖母の前で初めて歌った曲は、美空ひばりの「越後獅子の唄」だ。しかし、その音楽的ルーツにはR&Bの存在も外せない。地元ピッツバーグではごく自然にR&Bに触れながら育った。以前からルーサー・ヴァンドロスなどR&B系のアーティスト達をリスペクトしており、毎年行っているスペシャルステージと題したコンサートでも60、70年代のR&Bアーティストの楽曲をカバーで披露しているのだ。

「Break My Heart」は、別れた恋人に対する思いを綴った切ないラブソング。演歌を歌う時とはまた違った、ジェロの甘い声の魅力が詰まった楽曲に仕上がっている。一番の聴きどころについて彼は、「サビはもちろんですが、僕としてはサビ前の盛り上がっていくところが一番気に入っています」と語る。

今年5月には、アメリカ・ニューヨークのセントラルパークで行われた“Japan Day”でのステージで、史上初めて演歌を歌唱。来年1月には、ブロードウェイ・ミュージカル「メンフィス」の日本公演にも出演する。

配信情報

シングル 「Break My Heart」
2014年12月24日リリース
収録内容
1.Break My Heart 作詞:J.White/作曲:Dickey/編曲:高橋 諒

iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/artist/jero/id61742994
レコチョク:http://recochoku.com/jero/

関連リンク

■ジェロ オフィシャルサイトhttp://jero.jp/
■レーベルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/jero/
■オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/jeroenka/
■オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/jeroenka

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP