ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末年始に注目!温泉テーマパーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カップルからファミリーまで幅広い層に人気の「温泉テーマパーク」。各施設とも日頃から趣向を凝らした企画を打ち出しているが、この年末年始も様々なイベントが企画されている。首都圏とその近郊のおもな温泉テーマパークで開催される注目イベントをご紹介しよう。

【画像や図表を見る】

まず、「豊島園 庭の湯」(東京・練馬)。こちらでは、1月1日のみ朝6時からの特別営業を行う。初詣帰りに初湯に浸かれるのが、なんとも嬉しい。また、食堂では「元旦早朝メニュー」として「瓶ビールとおつまみのセット」(1500円)、「お雑煮」(500円)、「おしるこ」(450)なども提供する。

意外なところでは、アニメやキャラクターとのコラボイベントも。

大江戸温泉物語(東京・お台場/入場料:一人2480円〈12月28日~1月3日は+400円〉)では、人気アニメ『黒子のバスケ』とタイアップしたイベントを開催(12月19日~2月22日)。登場人物にちなんだフードやアトラクションが楽しめるほか、日常でも使える「ポチ袋セット」(432円)、バスケットコートをあしらった法被〈はっぴ〉(5076円)などのオリジナルグッズも販売する。

「東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア」(東京・後楽園/入館料:2634円〈12月30日~1月3日は+324円〉)が企画するのは、癒し系キャラ「リラックマ」とのコラボイベントで、限定リラックマぶら下げぬいぐるみが付いてくる「リラックマのんびり入館プラン」(3400円、12月1日〜1月31日)。館内ショップでは、温泉に浸かった「リラックマ」「コリラックマ」「キイロイトリ」などの限定ぬいぐるみ(各2300円)も購入できる。

少し足をのばすなら、「箱根小涌園ユネッサン」(神奈川・箱根/入場料:一人4100円〈ユネッサン+森の湯〉)。ここでは、巨大ポットからヤクルト入浴剤が注がれる「ヤクルト風呂」(10月1日~1月12日)や、酒粕エキスと米発酵エキスの保湿成分入りの「森永 甘酒風呂」(12月1日~2月28日)が登場。また、1月3日の限定企画として、おせち料理と温泉、そして公式観戦ガイド付きの「箱根駅伝観戦プラン」(大人5000円〈入場料込み〉・先着100名)も気になるところだ。

最後に、「スパリゾートハワイアンズ」(福島・いわき市/入場料:一人3240円)。約6000リットルの放水と1万2000発のシャボン玉がプール内に降りかかる「NEW YEARアロハスプラッシュ&バブル」(12月26日~1月7日、10~12日)に注目したい。ファイヤーナイフダンサーによる新年エンターテインメントショーも盛り上がること間違いなし。

いずれも、旧年の垢を落として新しい年を迎えるにふさわしいハッピーなイベントばかり。年末年始こそ、「温泉テーマパーク」を要チェックだ。
(石原たきび)
(R25編集部)

年末年始に注目!温泉テーマパークはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「名湯そっくり入浴剤」BEST5
温泉vs.南の島 正月休みの理想
温泉卵を失敗なしで作る3つの方法
意外と知らない?世界のお風呂文化
SA・PAはテーマパーク型が人気

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP