ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【USAレポート】シアトルで食べた「Udon Soup」は日本のうどんとまったく違った!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


海外滞在が長くなると、日本食が恋しくなってくる。日本料理店は世界各地で増えているが、中国人が経営する店が大半で、日本人によるレストランは高価なことも多い。
アメリカ・シアトル中心部にあるショッピングセンター「West Lake Center」のフードコートで、さまざまな麺を取り扱う店舗を見つけた。そこのメニューにあったのが「Udon Soup」。直訳すると、うどん汁とでも言うべきか、とりあえずオーダーしてみた。ちなみに、スタッフは日本人でなく中国人らしかった。価格は日本円で900円ほど。
ほどなく、出来上がったうどんのスープを渡された。器いっぱいにうどんの麺をはじめ、三つ葉、白菜、ネギなどが入っているが、よく見ると、もやしやマッシュルームといった日本のうどんではなじみの薄い具材も。「豆腐入り」を頼んだのだが、その豆腐も白い絹ごしや木綿ではなく、揚げ豆腐だった。

とりあえず一口、二口と食べてみた。うどんの麺はコシがあり、食べられる。ただ、肝心のスープが、日本のだし汁とはまったく違った。以前、台湾や東南アジアで食べた麺のスープに似ている。つまり、かつおやこんぶのだし汁でないため、うどんが入っていてもまったく違う代物だった。
アメリカ人には、うどんは受け入れられても、かつおやこんぶのだし汁はまだ浸透していないのだろうか。日本人的には、そのだし汁がないとうどんの旨さが引き出せないと思うのだが・・・・・・
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【NY最新レポ】 お茶、パック寿司、ラーメン…「日本」ブーム続々
【USAレポート】サンフランシスコで食べたヘンな日本食「天ぷら寿司」の味は・・・
【EU旅レポ】「ダイソー」がすばらしい理由 – イタリアの百均ショップにて

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP