ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電量販店別、SIMフリー徹底比較

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年の末頃より大手家電量販店も、独自の格安SIMを販売するようになってきました。そこで家電量販店のSIMは何が違うのか、家電量販店でSIMを買うメリットは何かにスポットを当てて紹介します。
●ヨドバシカメラ(ワイヤレスゲート WiFi + LTE)

料金プラン一覧

 

480円プラン920円プラン2,480円プラン5,490円プラン
月額料金 480円 920円 2,480円 5,490円
SMS付加料金 150円 150円 0円
※SMS機能付き 0円
※SMS機能付き
音声通話付加料金 提供なし 提供なし 提供なし 提供なし
高速通信容量 なし 1GB
※最大150Mbps 5GB
※最大150Mbps 10GB
※最大150Mbps
SIMサイズ 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM

※SMS非対応のSIMカードにSMSを付けることはできません

特徴

動画視聴等の帯域を必要とするサービスをほとんど利用しないライトユーザー向けの業界最安480円プランと、5,490円という料金で10GB使えるヘビーユーザー向けプランを用意。利用シーンに合ったプランを選べます。また、セットとして売られている機種が非常に豊富なのも特徴といえ、他の量販店ではないセット割引が充実しているのが魅力。キャリアでスマホを購入するような感覚でSIMフリースマホのセットを選べるかと思います。

各店舗の販売カウンターについて

こちらのSIMでは、ヨドバシカメラ店頭もしくは、通販サイトにてパッケージを購入するのみです。販売カウンターは設けられておらず、店頭であれば什器からプラカードを受け取り、レジにて現物と交換の上SIMパッケージ代金を支払います。

手続きの手順について

SIMの利用契約はすべてオンラインサインアップとなります。SIMを端末入れ、必要なAPN設定を行います。接続を開始すると自動的に契約申し込み画面へリダイレクトされるので、必要事項を入力します。

端末オススメセットのプラン

端末とSIMカードがセットで販売されており、おすすめ機種を紹介いたします。 各量販店で扱っている機種ではありますが、ヨドバシが最安値。セット購入時、SIMパッケージ代金が込みになっているのも特徴です。

端末名 Ascend G6
端末価格
(SIM代金込み) 19,760円
月額通信費 480円から

※ポイントは10%還元です。
※出典:http://www.yodobashi.com/ec/feature/470001/index.html

注意事項

こちらのSIMは、途中でプランを変えたり、SIMカードのサイズを変更することはできません。

●ビックカメラ(BIC SIM powered by IIJ)

料金プラン一覧

 

ミニマムスタートプラン

ライトスタートプラン

ファミリーシェアプラン

月額料金

972円

1641円

2764円

SMS付加料金

151円

151円

151円

音声通話付加料金

756円

756円

756円

高速通信容量

2GB
※最大150Mbps

4GB
※最大150Mbps

7GB
※最大150Mbps

SIMサイズ

通常
microSIM
nanoSIM

通常
microSIM
nanoSIM

通常
microSIM
nanoSIM

※SMS非対応のSIMカードにSMSを付けることはできません
※音声通話非対応のSIMカードに音声通話を付けることはできません

特徴

IIJに準じた料金体系になっており、クーポン制をとっています。そのため、高速通信を使用するか使用しないかを、好きなタイミングで切り替えて使えます。SMSなど、高速通信が必要ないときはオフにしておけば、容量を使いすぎることなく効率的に使えます。

各店舗の販売カウンターについて

BIC SIMカウンター常設店舗であれば、音声通話機能付の「BIC SIM」の新規契約や携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転入手続きなど、即日で対応できます。  また、有料オプションが充実しており、操作説明や、開通作業のサポートも対応可能です。

手続きの手順について

こちらのSIMも、契約はすべてオンラインサインアップとなります。まずIIJのサイトでSIMカードの開通登録を行い、開通後にSIMを端末入れ、必要なAPN設定を行うことで接続できる状態になります。  また、BIC SIMカウンターで有料開通作業サポートも行っています。

端末セットのプラン比較

端末とSIMカードがセットで販売されており、オススメ機種はStarQ Q5001。BIC SIMは最大通信速度150MbpsですがStar Qの場合、LTE非対応のため14Mbpsが最大通信速度です。速度は遅いかもしれませんが、データを「使い過ぎたくない」という人には最適だと思います。

端末名 StarQ Q5001
端末価格
(SIM代金別途必要) 24,094円
(LTE非対応)
月額通信費 972円から

※ポイントは週末セールなどでは、SIMカードに10%付くこともあります。
※出典:http://www.biccamera.co.jp/service/store/lcc-phone/index.html

注意事項

他社と異なり、SIMカードのサイズ変更やSIMカードの追加が可能です。

●ヤマダ電機(YAMADA SIM powered by U-mobile)

料金プラン一覧

●データ通信専用プラン

 

1GB3GB使い放題ダブルフィックス
(二段階制)
月額料金 853円 1,598円 2,678円 734円(1GBまで)
1,814円(1~3GB)
※3GBを超えると速度制限
SMS付加料金 162円 162円 162円 162円
高速通信容量 1GB
※最大150Mbps 3GB
※最大150Mbps 無制限
※最大150Mbps 734円(1GBまで)
1,814円(1~3GB)
※3GBを超えると速度制限
SIMサイズ 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM

 

●音声対応プラン

 

2GB3GB使い放題ダブルフィックス
(二段階制)
月額料金 1,706円 2,138円 3,218円 1,598円(1GBまで)
2,678円(1~3GB)
※3GBを超えると速度制限
高速通信容量 2GB
※最大150Mbps 3GB
※最大150Mbps 無制限
※最大150Mbps 1,598円(1GBまで)
2,678円(1~3GB)
※3GBを超えると速度制限
SIMサイズ 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM 通常
microSIM
nanoSIM

特徴

音声向け料金プランと、データ通信専用プランで料金プランが細分化されています。また、LTE使い放題プランがあるので、容量制限を気にせず使い続けられるのがメリットといえるでしょう。

各店舗の販売カウンターについて

こちらのSIMでは、ヤマダ電機店頭もしくは、通販サイトにてパッケージを購入するのみです。販売カウンターは設けられておらず、店頭であればレジにてSIMパッケージ代金を支払います。

手続きの手順について

こちらのSIMも、契約はすべてオンラインサインアップとなります。まずU-mobileのサイトでSIMカードの開通登録を行い、開通後にSIMを端末入れ、必要なAPN設定を行うことで接続できる状態になります。

端末セットのプラン比較

ヤマダ電機の場合、端末とSIMカードのセットは公式には展開されておらず、端末を単体で購入するというスタイル。とはいえ、「SIMと一緒に何を買ったらいいのかが分からない!」という人にオススメしたいのが、ZenFone 5です。過不足ないスペックと、広いバンド対応が魅力。キャリアからMNPした際、これまでと同じ感覚で使うことができると思います。

端末名 ZenFone 5
端末価格
(SIM代金別途必要) 32,184円

注意事項

YAMADA SIMではSIMサイズ変更およびSMSオプションサービスの追加申し込み、取り消しはできません。

●UQ mobile

※サービス名が似ていますが、UQ WiMAXとは別のサービスです。

これまで紹介してきた家電量販店が扱うMVNOの格安SIMは、すべてNTTドコモの回線を使用してサービス提供を行うものであり、エリアはドコモと同様となります。

 

一方、こちらのUQ mobileはauの回線を使用するMVNOの格安SIMです。先に挙げた、ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機などの家電量販店でも取扱いがあり、購入できます。

 

高速データ通信データ容量無制限

プラン詳細

データ専用プラン 音声付プラン データ専用プラン 音声付き

月額料金

1,058円 1,814円 2,138円 2,894円

データ容量、通信速度

2GB/月 最大150Mbps 無制限 最大300kbps

こんな人におすすめ

au回線での格安SIMを検討している方、au回線にこだわりがある方

各店舗の販売カウンターについて

こちらのSIMでは、店頭もしくは、通販サイトにてパッケージを購入するのみです。販売カウンターは設けられておらず、店頭であればレジにてSIMパッケージ代金を支払います。

手続きの手順について

こちらのSIMは、後日郵送となります。店頭でのパッケージにはSIMは同梱されておらず、エントリーコードが記載された紙のみとなります。契約はすべてオンラインサインアップとなり、申し込み後1週間程度で到着し使える状態になります。

端末セットのプラン比較

以下の端末がSIMとセットで2種類販売されています。この内、注目したいのがLG G3。高級感あるデザインにLG Gシリーズでお馴染みの機能が搭載されており、使い勝手とても高いモデルです。

端末名 KC-01 LG G3 Beat
端末価格
(SIM代金込み) 35,380円 40,824円
月間データ通信容量 2GB
(最大150Mbps) 2GB
(最大150Mbps)
月額通信費 1,058円から 1.058円から

※ポイント還元は店舗によって異なります。
※料金プランは2GBプランの場合です。
※出典:http://www.uqmobile.jp/plan/set/

注意事項

こちらのSIMは、現状ではmicroSIMカードのみの提供です。通常サイズやnanoSIMでの提供は現在のところありません。

●その他
家電量販店がMVNOの格安SIMを販売するようになり、消費者として選択肢が広がったのも事実ですが、事業者によって料金も、求めるニーズも様々です。安さだけで選ぶのではなく、そのプランが自分に合ったものかを十分に調べてかた購入するようにしましょう。

※価格は全て税込です。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP