体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荷物は最小限に抑えよう!旅先で洗濯する時の3つのコツ

2935973566_481514f648_b

Photo Credit: Marite2007 via Compfight cc

突然ですがみなさん、旅の準備は得意な方ですか?

パッキングが苦手な私は、シャンプーボトルは置いていこうか、予備のビニール袋は何枚持っていこうか……など悩み、旅行の支度につい時間をかけてしまいます。特にやっかいなのが、。毎日着るものだから必要ですが、多すぎても嵩張るばかり。夏は比較的服の量も少なくて良いですが、問題は冬です。 セーターやジーンズを数枚入れたらすぐバックパックはパンパンになって、旅先で増える荷物が入らなくなります。

旅先で服が足りなくなったり、洗濯したいと思っても洗濯機が見つからなかったりと、旅先での服に関しての悩みは尽きません。実際、どれくらいの服を持っていけばいいのでしょうか? そして、旅行中の洗濯はどのようにすればいいのでしょうか? 今回は、私の経験から旅先での洗濯をするときのコツをご紹介します。

(1)服は必要最低限の枚数のみ

旅慣れしていない頃、私には「現地で洗濯する」という選択肢はありませんでした。冬に行った一週間ほどの旅では長袖4枚、Tシャツ2枚、パーカー1枚、ジーンズ1枚、レギンス4枚、あとは6日分の下着類と靴下を持っていきました。

私なりに工夫はしましたが、やっぱり荷物は重くなって持ち歩くとすぐ疲れてしまいました。バックパッカーの間では「服はなるべく軽く少なく!」という方も多く、中にはTシャツ1枚、ズボン2枚なんて人もいるそうです。

大荷物を背負って旅をするなんて、もうイヤ!と思った私は、それ以降は現地で洗濯することを前提に荷造りするようにしました。今ではTシャツ3枚、レギンス3枚、ワンピース1枚、下着類は4枚ほどです。冬場はこれだけでは寒いので、加えて保温性の高い下着を持っていきます。これにパーカー1枚、コートがあれば充分かなと思います。

(2)旅先の洗濯で役立つ洗剤

服を少なくすれば、洗濯しなければならないのは必然。洗わない服を何日も着たくはないですよね。けれど洗濯機が宿にない場合もありますし、洗濯機はあっても洗剤が売ってないこともあります。旅先での洗濯に悩んだ方は少なくないのではないでしょうか。

先進国だとコンビニや薬局で洗剤を買えないことはないですが、店頭に並んでいるのは家庭用の大きめサイズ。けれどとても重いですから、絶対持ち歩きたくないですよね。こういう時にあると便利なのが携帯用洗剤です。

個人的に便利だと思うのが、チューブ型洗剤ちぎって使える紙型洗剤。2つとも、洗濯機と手洗い両方に使えます。これを持っていくと、洗濯機がない場合でも手洗いで何でも洗えてしまうので、とても役立ちます。

(3)覚えておきたい手洗いの仕方

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会