ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

屋台から老舗まで 博多華丸が推薦する福岡の絶品ラーメン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 博多大吉とコンビを組み博多華丸・大吉として1991年にデビューした博多華丸。福岡を訪れた芸人たちに博多のうまかもんを紹介している彼が、すすめる福岡・博多のラーメンは次の3店だ。

 60年以上経っても変わらぬ博多の味と評される「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン天神本店」。

 昭和21年創業したこの店は、現在は3代目が切り盛りするが、昔から作り方や具材はほとんど変わっていない。15時間以上、骨が粉々に砕けるまで煮込んだとんこつスープは濃厚だが臭みがなく、飲みやすいと女性客にも評判。極細の平打ち麺がそのスープによく絡む。おつまみ系の一品料理や定食類なども豊富で、毎日のように通う常連客も少なくない。博多の人々の「街の中華屋さん」でもある。

住所:福岡県福岡市中央区大名2-6-4
営業:11時~23時半
定休日:不定休

 次に紹介するのは、お酒の後は屋台の濃い味でシメたい人におすすめのお店、「屋台けいじ」だ。

 屋台で昔ながらのスープを煮立てて作る“純とんこつラーメン”がウリ。お酒の後に楽しめるように、濃いめの味付けになっており、秘伝のタレに長時間つけ込まれたチャーシューも人気。100円で替え玉ができるので、お代わりするのが通。屋台が発祥となり、お昼も食べられる一般向けの味に改良されたラーメンを出す店舗も開店した。

住所:福岡県福岡市中央区赤坂1-1-19
営業:19時~翌4時
定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜日)

 最後に紹介するのがあっつあつの背脂がジュッとのって食欲をそそる「横綱ラーメン」。

 40年前に開店した1代目の味を受け継いだあっさりとんこつ醤油。酢醤油であえた千切りキャベツが突き出しで出されるサービス付き。炊き上がらせているスープの上に、熱々の背脂をジュッとかけることで、香ばしく熱いラーメンが提供される。他店の約1.5倍の麺が入っているのでボリューム満点。1皿50円の特製辛子高菜も◎。

住所:福岡県福岡市西区福重2-2-42
営業:11時~22時
定休日:水曜(祝日の場合は翌木曜日、1月1日)

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福岡駅行列ラーメン店 10時間煮込んだスープで長浜屋台の味
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP