体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もが微笑む「極上の牛ホルモン鍋」と肉汁たっぷりラーメンを味わう / みつる

motsu6

牛ホルモン鍋
1800円

知る人ぞ知る、牛ホルモンの名店が新宿歌舞伎町にある。そもそも素材の時点から他店よりクオリティが高いため、「美味しいことが決定付けられた店」ともいえる。

・濃度の高い旨味
旨味エキスがたっぷりと含まれているのは当然ながら、その旨味の質が段違いにレベルが高い。「濃度の高い旨味は人をここまで魅了するのか」と驚くほどである。

motsu3 motsu4

・上質な牛のホルモンを使用
牛ホルモンを食べた瞬間、皮を包んでいた脂が一気に溶け出し、旨味の原液とも言うべき高濃度の肉汁が溢れ出す。

濃厚ホルモンでありながら後味がさっぱりしているのは、上質な牛のホルモンを使用しているからに違いない。

motsu6 motsu5

・絶妙なバランスのダシ
さらに評価するべきなのが、ダシである。牛ホルモンの美味しさを最大限に引き出すためには、ダシや調味料が自己主張してはいけないし、尖った存在になってはいけない。

motsu7 motsu1

・溢れ出た牛ホルモンの旨味
『みつる』のダシは、限りなくまろやか。あくまで脇役として牛ホルモンの旨味を後押しする、絶妙なダシ加減である。

シメには麺を鍋に入れ、ラーメンのように食べたい。たっぷりと溢れ出た牛ホルモンの旨味が、ラーメン屋にも負けない美味しさを楽しませてくれる。

motsu2
1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会