ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月400円で受給額を増やす付加年金 2年で元が取れる優れた制度

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民年金は厚生年金、共済年金に比べて納める保険料が少ないため、受給額も少ない。それを少しでも補うために1号被保険者(国民年金のみの加入)のみを対象として用意されているのが、「付加年金」という制度だ。あまり知られていないが、かなりお得な制度なのである。

 どういう制度かというと、国民年金の保険料を納付する際に毎月400円プラスして納付すると、将来、「200円×付加保険料を納付した月数」の額(年額)が上乗せされて永続的に支給されるというもの。

「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾さんが解説する。

「月400円を12か月納付したとすると、支払う総額は4800円。それに対し、支給される付加部分の年金は1年で2400円、2年で4800円になります。つまり2年で元が取れるのです。費用対効果に優れた制度で元が取れれば、あとは得をしていく一方です」

 自分の住む市区町村役場で申し込むことができるので、ぜひ検討を。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
河野太郎氏が「真の年金納付率」の資料入手 衝撃的数字並ぶ
年金未納期間あっても過去10年まで後納可 所得から控除
年金リッチの道 定年退職後でも年金受給額を増やす技を紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP