ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迷い込んだら出られない?鏡を使った巨大万華鏡インスタレーション

DATE:
  • ガジェット通信を≫
nomadstudio-main

目がくらむような不思議な風景。これは、ブダペストを拠点に活動するデザイン事務所「Nomad Studio」が手がけた野外インスタレーション「Mirage(ミラージュ)」だ。

nomadstudio-01

1200枚の鏡を使った体験型万華鏡で、長さは約23mにも及ぶ。

この中を歩くと後ろや前が断片的に見え、方向が分からなくってしまうそうだ。

nomadstudio-03

森の中という場所もポイントの1つで、スタジオによれば、第2次世界大戦の戦艦に使われた迷彩パターンがインスピレーションの元になっているのだとか。

nomadstudio-02

Nomad Studioでは、こうした体験型インスタレーションも得意としているようで、過去には、団地の広場にプラスチックチューブを吊して子どもたちが楽しめる場所を作ったことも。

nomadstudio-04

今回は、鏡という日常的なアイテムで作られた非日常空間。

ぜひ体験してみたいが、実はこれ、2014年8月にブダペストで行われた音楽フェス「Sziget Festival(スジェット・フェスティバル)」で披露されたもの。

nomadstudio-06

この音楽フェスは2015年の8月にも開催が予定されているので、また新たな体験型インスタレーションで楽しませてもらいたいものだ。

Studio Nomad
http://studio-nomad.com/

インスタレーション(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。