ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士急ハイランド「戦慄迷宮」の恐怖を映画館で味わう! 『お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ここ数年、町おこしやクールビズの企画として自治体単位で企画されるなど、遊園地に留まらず空前のブームとなっているお化け屋敷。そんなお化け屋敷の恐怖を、お化け屋敷以上に体感できるという全く新しい映画企画が誕生! 『お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX』が2015年に公開されます。

企画・製作・配給を手がけるのは『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』『サバイバル・オブ・ザ・デッド』『パラノーマル・アクティビティ』『サイレントヒル:リベレーション3D』の配給、そして『富江 アンリミテッド』『学校の怪談 呪いの言霊』『呪怨 –終わりの始まり-』の宣伝など、洋邦のホラーを知り尽くしたプレシディオ。

本企画の第一弾として選ばれたのは、どのメディアにおいても「怖いお化け屋敷ランキング」1位を記録する富士急ハイランド「戦慄迷宮」。富士急ハイランドの全面協力のもと、「戦慄迷宮」が手加減を知らない恐怖度MAX版の体感型ムービーとして新たな顔を見せる。勇気ある参加者たちは、無事に迷宮を抜け出すことができるのか?

閉園後の富士急ハイランドで、「戦慄迷宮MAX」を体験したいという希望者を募ったところ、多数の応募が殺到。最終的に、いくつかのグループが選出。誰が参加しているのかは今はまだ発表されていません。このそれぞれの参加者の自撮りの映像や、固定カメラなど、計10台以上のカメラを駆使し、様々な目線のカメラと映画館のサラウンドシステムを駆使した臨場感のある音で、あたかも自分がお化け屋敷に入っているかのような感覚を味わえる全く新しい体感型ムービー。

富士急ハイランドまでなかなか足を運べないというあなた、恐怖度MAX版を体験してみたいという屈強なあなた、是非お近くの映画館で、恐怖の限界に挑戦してみては?

http://www.obakeyashiki-movie.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP