体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワーキングホリデーをするなら断然シドニーをおすすめする6つの理由

Good day mate!夢は元気なうちに世界一周、シンガポール生まれ東京育ちライターのErikaです。

私は現在、シドニーへワーキングホリデーに来ています。オーストラリアの中でも、シドニーは物価が高いことでも有名ではないでしょうか。実際に来てみてその通りだと思いました。特に驚いたのは、コカ・コーラ500mlのペットボトル1本あたりの値段が、300円以上することです。

しかし留学エージェントや、ワーキングホリデー経験者の話を聞いてみると非常に住みやすそうだと思い、シドニーに決めました。今回は、私が見つけたシドニーの魅力をご紹介します。

(1) 多国籍、親日! 暮らしやすい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真:Erika Anne Nagaoke「【シドニー】感動!世界遺産を見下ろすジョギングコース」より

様々な文化がミックスされた国、オーストラリア。短期留学をした時のホームステイ先は、子供3人の5人家族。私たちは見た目も育った環境も全く違いますが、すぐに打ち解けられました。

最初はオーストラリア人は英語にアクセントがあって、聞き取るのに苦労しました。例えば、冒頭の「Good day mate!」(こんにちは)は、発音すると「グッデイメイト」ではなく「グッダイマイッ」です。こうしたちょっとした疑問やわからないことも、はっきりわからないと言えば、何度も丁寧に教えてくれました。

(2) 国全体がリラックスしている

IMG_0038

写真:Marina Ogino「アボリジニに会う!母娘でゆるりケアンズ旅♪」より

オーストラリア人皆が口をそろえて言う「No Worries(ノーウォーリース)」。心配要らないよ、大丈夫だよ、という言葉です。心配性の私は、オーストラリア人の友人にワーホリのことをいろいろ相談しましたが、返信はいつも「No Worries」の一言。実際にシドニーに来てみると、オーストラリア人はとてもリラックスしていて、心に余裕があるように見られます。仕事とプライベートをうまく両立する生活ですし、「No Worries」はそういう日々を過ごすうちに生まれた言葉なのかもしれません。

(3) すぐ傍に大自然

image (2)

写真:Erika Anne Nagaoke「【シドニー】大自然を感じる!アウトドア派にたまらない大人気観光地」より

シドニーには沢山の国立公園があります。また、シティからバスに乗ると、たったの20分程で多くのビーチにアクセスできます。有名なのはマンリービーチ、ボンダイビーチです。シティから1時間ほど離れた場所には大人気観光地のブルーマウンテンが見られます。日本では、滅多に自然に触れる機会がなかった私ですが、シドニーでは大自然に感謝する毎日です。

(4) 多国籍料理がいつでも食べられる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真:Erika Anne Nagaoke「【シドニー】オージーが愛する◆Night Noodle Markets◆年一度開催!!

国を選ぶ理由トップ3に入るくらい大事なのが、食べ物ではないでしょうか。オーストラリアなら心配ご無用。アジアからヨーロッパまであらゆる国籍料理があらゆる場所でいただけるんです。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。