ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

株主優待 好きな商品を選べるカタログスタイルがトレンドに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今期も株主優待の新設や拡充が相次いだ。クオカード一辺倒だった前期に比べ、バラエティに富んだ内容だ。

 特に目を引くのは、株主が好きな商品を選べるカタログギフトのスタイルを取る優待だ。担当者からは「金券では少々味気ないので、選ぶ楽しさも味わえるカタログを採用した」(新晃工業)との声も聞かれ、クオカードと並ぶトレンドとなっている。

 また、お台場の観覧車無料券(サノヤス)、ゴルフ場割引券・プレーフィー無料券(SANKYO)といったレジャーに役立つ優待も。自社製品が届く第一屋製パンもメーカーならではのうれしい内容だ。

 拡充組では、長期保有の株主に対する優待を手厚くする変更が多い。カタログギフトの優待が好評のユニプレスは、最低単元の株主でも3年以上保有すると優待額が3倍になる。

 一方、再上場を果たしたすかいらーくの優待は一律2000円の食事券で、外食では一般的となっている株数に応じた追加はない。また、人気の高かったスターバックスコーヒージャパンの上場廃止は残念なニュースだった。

 以下、新設された2企業の株主優待を紹介しよう。

●新晃工業(東証1部・6458)
……空調機器の中堅メーカー。株主優待グルメカタログの中から好みの商品を1点選択するスタイル。
【優待内容】100株以上:3000円相当の株主優待品カタログの中から好みの商品1点。

●すかいらーく(東証1部・3197)
……2014年10月、8年ぶりに再上場。ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵などのファミリーレストランを展開。
【優待内容】100株以上:2000分の優待券(12月末、年1回)

■文/森田悦子(ファイナンシャルプランナー、ライター)

※マネーポスト2015年新春号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森永卓郎氏 株主優待の心構えは「生活の中で使うものを」
テレ朝株主優待 『題名のない音楽会』『Mステ』の観覧特典も
株主優待を入手するには権利確定日と保有株数のチェックが必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP