ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人と縁を切る際の具体的方法や縁切りのポイントを明示した本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『縁の切り方 絆と孤独を考える』中川淳一郎著/小学館/740円+税

 ネットやリアルで「つながりたがる」人は多い。しかし、人はそれで本当に幸せになれるのか? ネットニュースの第一人者である著者は、ALSアイスバケツチャレンジ、震災時の感動ツイート、フジテレビデモなど具体的な事例をもとに、SNSなどにはびこる「絆至上主義」を一刀両断。そのうえで、人間関係を棚卸しすべきだと指摘する。

《不快な人間、自分にとって付き合ってもつまらない人間、利のない人間とは極力距離を置く。そして、その人間関係を終わらせると判断した場合は、覚悟をもったうえでキレ、我慢できないほど怒りを覚えた相手には、罵倒して縁を切る》(序章より)

 筆者のふんだんな実体験をもとに、縁を切る際の具体的な方法や、縁切りのポイントも示してある。本書を読めば、不要な「絆」ではなく、本当に必要な人間関係が見えてくるはずだ。

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本独特の横の繋がり「同期」をエリート社会から分析した本
1920年代上海マフィア「金や欲に目が眩めば身が破滅」と説く
大阪の縁切り寺住職「親が子供との縁を切ることは認めない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP