ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Deadmau5、ドローンを使ったユニークな自宅紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

EDM界スーパースターDJ、Deadmau5のドローンで撮影した自宅動画が斜め上すぎる…

世界中のフェスでヘッドライナーを務めているEDM界の人気プロデューサー、Deadmau5が自宅を動画で紹介しています。しかも撮影には彼の趣味でもあるドローン(マルチコプター)を使って、空撮するという一辺変わった映像体験を見せてくれます。

多趣味なDeadmau5は自信が所有するドローン「Phantom 2」に、フルHD動画配信システムの「DJI Lightbridge」をインストールして撮影を実行。撮影されたのは、カナダのオンタリオ郊外にDeadmau5が購入した118エーカー(約144710坪)の大邸宅。

4つの寝室。6つのバスルーム、プール付きで、値段は500万ドル。

実際にDeadmau5が飛ばしているドローンPhantom 2。

Boom! Look at that pro wirring job. Yeah, that's right, I just fitted and wired a DJI Lightbridge on my phantom. You're just jealous.

deadmau5さん(@deadmau5)が投稿した写真 – 10月 10, 2014 at 6:06午前 PDT

45000平方フィート(約1270坪)のスタジオ施設も同時に建設していることを明らかにしています。しかもこの巨大なスタジオは、リアルなミュージシャン用に建設してていると言います。

同じEDMのプロデューサー、Skrillexも昨年にロサンゼルスのチャイナタウンにある11,000平方フィートの巨大スペースをミュージシャンやプロデューサー用のクリエイティブ・スペースに改築することを発表しています。Skrillexのビジョンは、通常の音楽スタジオを建築するよりも、アンディ・ウォーホルの「ファクトリー」に影響を受けたさまざまなアートや音楽がコラボレーションできるスペースを目指していると言っています。

日本でも「Ultra Japan」が開催され、世界的にEDMフェス人気がいまだに拡大していますが、その中の人達はフェスの次のステージを見据えた活動に活動の幅を広げています。EDMフェスで稼いだお金を今度はミュージシャンによる製作のために投資する流れが2015年はさらに加速するのかもしれません。ソフトウェアを使ったプロダクションに比重の高かったEDMが、実際のミュージシャンやシンガー、ソングライターたちとコラボレーションして作品リリースやライブをするように進化するかもしれませんね。

■記事元http://jaykogami.com/2014/12/10191.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP