ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

洋風おでんでクラフトビールを飲みまくり! 渋谷ヒカリエのビアカフェ『アイビアー・ルサンパーム』で乾杯!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


忘年会やパーティなどでお酒を飲む機会が多いのこの季節。いつものお店に飽きてきたところではないだろうか。はたまた、「毎回同じ酒しか飲んでねーよ!」とお嘆きではないだろうか。そんなときは、気分転換にクラフトビールでも飲んでみるのはいかがだろう。クラフトビールとは、簡単に言うと小規模な工場で生産されていて作り手のこだわりがしっかりと味わえるビールだ。渋谷ヒカリエにある『アイビアー・ルサンパーム』では、常時たくさんのクラフトビールが用意されており、クラフトビールを楽しむためのメニューが充実しているビアカフェ。今回はクラフトビールを楽しみながら、冬の注目メニュー洋風おでんを味わってきた。

ビールにピッタリの料理でクラフトビールを堪能!


4種類のビールを飲み比べることができるのが飲み比べセット。今回は『コエドブルワリー 白』『ヒカリエールNo4 ワイルドハニー』『アールグレー』『マリアエール』といった4種類のビールが提供された。セットがすべて日替わりというこちらの飲み比べセットは、定番のエール系ビールから変わり種のビールまで少しずつ楽しむことができる。

カルパッチョや、各種野菜のピクルス、サラダといった前菜にもかなりのこだわりが感じられた。より香りの強いビールと一緒にグイッといきたい、パクチー入りのカルパッチョは初めの1杯を飲むのにちょうどいい手軽さだ。箸休めにもつまみにもなれる彩り鮮やかなピクルスは、シャキシャキとした歯ごたえと酸味がちょうどいい。ごま油の香りとお肉がうれしい、ビールとの相性を徹底的に考えられたサラダも絶品だ。

きのこと九条ねぎ、明太子がトッピングされた少し辛めのピザは、柔らかいトルティーヤ生地。一口でパクっといけちゃうスナック感覚のピザで、甘めの『ワイルドハニー』といったビールと合わせていただくとペロリと一皿いけちゃうほど相性抜群。

そしてお待ちかねの洋風おでんが登場。まずは、『O’DEN ミート・ザ・ブルックリン』から。ソーセージやベーコン、つくねといったお肉から、ゆでたまご、ポテト、大根、さらにゴロッと半分入った存在感抜群のたまねぎが入った食べごたえたっぷりのおでんだ。ハーブの効いたポトフのような味わいで、クラフトビールにピッタリ。マスタードをつけて食べるとより味が引き立つのでオススメだ。マスタードも単品でアテにできるほど美味。ビールの本場・ドイツにおでんがあるとしたら、と想像しながら食べるとより一層楽しめること間違いなし。

続いては『O’DENシーフード・プロヴァンス』というブイヤベース風味で赤いスープが特徴的の洋風おでんだ。タラ、エビ、ムール貝といった魚介系がたっぷり入っており、大根、たまごといった定番の具の他、こちらにはトマトがゴロッと入っている。見た目も豪華なこちらの洋風おでんは、トマトの酸味が効いた魚介たちが次のビールを誘う魔性のおでん。スープに特製ソースを溶かすとこれまたまろやかで酸味のある特別なスープと変身するので是非試してもらいたい。

デザートメニューからは、ビールフロートをチョイス。コーヒーのようなロースト感のあるビールをアイスクリームに注ぐという不思議なスイーツだ。アフォガードのような感覚のスイーツだが、こちらももちろんアルコール入り。アイスを掬って食べてみると、甘みと苦味がちょうどよくデザートにピッタリな一品。最後の最後までクラフトビールを飲みつくしたい方にオススメだ。

ランチタイムにも営業しているビアカフェ『アイビアー・ルサンパーム』。店内には、4人ぐらいでワイワイ楽しんでいる人、軽く飲みながら打ち合わせをしている人、読書やパソコンで作業をしている人など色々なお客さんが思い思いにクラフトビールを楽しむ姿が見られた。店内の奥にはソファ席もあり、空いていれば予約なしで利用することも可能だ。

詳細情報

店名:iBeer LE SUN PALM (アイビアー・ルサンパーム)
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 7階
営業時間月曜~土曜 11:00 – 23:30
    日曜 11:00 – 23:00
公式Facebook
https://www.facebook.com/lesunpalm

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP