ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芦田愛菜ちゃんの眼帯姿が破壊力抜群! 誰もが経験した小学三年生の夏を描く行定勲作『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


誰もが経験した小学三年生の夏……。大人気子役・芦田愛菜ちゃん初単独主演作品『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のBlu-ray&DVDが現在発売中。芦田愛菜ちゃん、行定勲監督からのコメントが到着しました。

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』は、幼い子供の心の成長を瑞々しく描いた、作家・西加奈子の傑作を行定勲監督が完全映画化。大阪を舞台に、賑やかな大家族と幸せに過ごすが、そんな幸せを疎ましいと思う、ちょっと変わった女の子・こっこの心の成長を描いた感動作です。

あの行定勲監督をして、「芦田愛菜がいなければ映画化出来なかった」と言わしめる名演技は、とってもキュートで、同時に深い感動を呼び覚まします。

愛菜ちゃん&監督のコメントは以下のとおり。愛菜ちゃんのコメントのそつのなさ……本当に10歳かよっ!

【芦田愛菜コメント】
私も学校でお友達とケンカしたりしますが、主人公のこっこちゃんを演じて、友達の気持ちを〝イマジン〟してからお話したり、行動するようになりました。もちろん、演じる上でも〝イマジン〟はスゴく大事だと思います。役に入る時には、この子はどう行動するだろう…、どう考えるだろう…といつも想像しています。

【行定勲監督コメント】
『イマジン』と言えばジョン・レノンの名曲ですが、あの歌を歌詞を吟味して、自分なりの解釈をした西加奈子の小説を読んだとき、これは今の世の中に一番大切なことだと思った。正直、僕はあの忌野清志郎がジョン・レノンの歌を認め日本語の歌詞にして、やっと本当の意味で興味を持ちました。僕はミュージシャンじゃないからジョン・レノンや忌野清志郎のように『イマジン』を歌うことはできないが、映画で『イマジン』って叫べるんじゃないか、彼 らの『イマジン』を受け継ごうと思ったんです。だからこれは相手の気持ちを想像することで世界を繋げようとする少女の『イマジン』する映画になりました。


『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』Blu-ray&DVD発売中!

【セル】ブルーレイ(1枚組) ¥4,700(本体)+税
【セル】DVD(1枚組) ¥3,800(本体)+税
発売・販売元:ポニーキャニオン  

(C) 2014 「円卓」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP