ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイのマクドナルドはなんでもアリ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

世界中にマクドナルドはあれど、タイのマクドナルドほど客の注文を聞き入れてくれる柔軟なマクドナルドはあるまい。タイ・マクドナルドスタッフに取材をしたので、その柔軟な例をいくつかあげていくとしよう。

タイのマクドナルドにも朝マックメニューがあり、午前5~10時まではマフィンを中心とした朝限定メニューのみ販売されている。通常のハンバーガーなどのメニューは店内から取り外され、朝メニューのみが表示されるのだが、なんと、「チーズバーガー作ってよ♪」「メガマック食べたい」とお願いすると、「OKOK! 待ってろよ」と、ふたつ返事で気前よく作ってくれるのである!

例にあげたハンバーガーだけでなく、日中のメニューはすべて作ってくれる。マックフライポテトもマックシェーキもだ。ただし、店内にメニューが出ていないので、店員に直接食べたいものを言わなくてはならない。

また、「少しコゲがつくまで焼いて欲しい」「レタスを多めにしてほしい」などの注文にもこたえてくれる。「コーラ少し飲んじゃったんで、もう少し足して欲しい」という、とんでもない要求にもこたえてくれることがあるのだとか。「パンだけ食べたいという客がいたから、パンだけ売ったこともあるよ。ハンバーガーの代金をもらったけどね」と、けっこう注文をする客も多いようだ。


しかし店員によると「店舗によってやってくれないところもあるし、忙しいとできないこともある」とのこと。なんでもワガママをきいてくれるとはいえ、時と場合を考えて注文する必要がありそうだ。

ちなみに、タイのマクドナルドに200バーツ(約600円)ほどを支払って会員になれば、全メニューが10パーセント引きになるプレミアムカードをゲットすることができる。また、映画の割引券やマックチキンの無料券などももらえる。もしタイに長期滞在する機会があるならば、会員になって損はないだろう。

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。