ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【紅白歌合戦トリビア】紅組、白組両方から出場の歌手がいる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ年末、NHK紅白歌合戦がやってくる。そこで紅白を100倍楽しく見るトリビアを紹介しよう。

【トリ&大トリを決めないで開始したことがある】
 1980年の第31回は先攻・後攻を決めないでスタート。放送開始後にダーツで決める方法で、矢は白組の文字盤に的中。白組が先攻のため五木ひろしがトリ、大トリは八代亜紀となった。台本は2パターン用意されていたという。

【歌手別視聴率を導入したのは『トーチュウ』】
 1992年1月、『東京中日スポーツ』が初めて紹介。前年の第41回を録画し、歌手の歌唱時間を計測して、分刻み視聴率と照合して掲載した。これ以降、歌手別視聴率が定着した。

【紅組、白組両方から出場している歌手がいる】
 第42回(1991年)にサザンオールスターズの原由子がソロで紅組から出場。第56回(2005年)には和田アキ子がm-floと白組から出場した。第61回(2010年)に白組で出ていた男女7人組のAAAは第64回で紅組となり、今年は再び白組に。

●監修/石山裕(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【紅白歌合戦トリビア】「打ち上げ」はNHKの食堂で行なわれる
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
紅白歌合戦 歌手登場時テロップから「出身県」が消えた理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP