ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内でSIMロック解除の義務化で総務省がガイドライン改定を発表、2015年5月1日以降に発売される機種に適用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

総務省は 12 月 22 日、かねてより告知していた国内携帯事業者向けの SIM ロック解除の義務化について、「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正したことを発表し、2015 年 5 月 1 日より発売される全機種に対して適用することを発表しました。SIM ロックというのは、携帯電話の SIM カードを発行した事業者が端末に自社の SIM カードしか利用できないようにする制限のことです。海外端末の多くは、基本的には SIM ロックはかかっていませんが、国内事業者・・・中でも携帯大手 3 社の端末はほぼすべてに SIM ロックがかかっています。これを 2015 年 5 月 1 日以降に発売する機種では、原則的に無条件かつ無料で解除に応じることを義務付けるのが主な変化になります(例外はあります)。なお、新ガイドラインの適用前に発売された機種には改定前のガイドラインが適用されることになっています。もしかすると、夏商戦の主要モデルは 4 月前までに発売してしまうかもしれません(時期的に難しいかもしれませんが)。これまでも SIM ロックを解除する方策はとられてきたものの、違反しても法的な罰則等はありませんでしたが、新ガイドラインで違反した場合には電気通信事業者方の業務改善命令の対象になる可能性が出てきます。法律に拘束されることもあり得るということです。Source : 総務省


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android Oneスマートフォンをバングラデシュ、スリランカ、ネパールでも発売へ
LG、LG G Pad 8.0 LTEを韓国で12月24日に発売
NHK、紅白歌合戦の公式Androidアプリ2014年版を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP