体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【shibuya bed イベントレポート】第1回 shibuya wine challenge〜14本のワインを巡る推理ゲーム

TOP

「ブラインドテイスティング」をご存知だろうか。ワインの顔であるラベルやボトルの形状を隠した状態で試飲をする。事前にワインの情報を持たないまま、グラスに注がれたワインを味、色、香りから銘柄や品種、ヴィンテージ、産地などを言い当てる。
ソムリエコンクールの花と言われるこの推理ゲームが、11月29日(土)、shibuya bedにて開催された。

「第1回 shibuya wine challenge」と名付けられたこのイベント。出題者となるのは、NeoLではおなじみ shibuya bedのソムリエ 宮地氏。そしてワインインポーターであるラフィネの文屋氏。そして、審査員(解答者)ははfacebookなどを通じて集まったワイン愛好家14名。
この日用意されたのは、フランスワイン7種、南アフリカワイン7種の計14のワイン。もちろんすでにボトルは”目隠し”された状態。
テーマは「フランスワイン vs 南アフリカワイン」。世界最高峰のフランスワインに、近年飛躍めざましい南アフリカワインが挑む格好だ。純粋なテイスティングで、どんな結果となるのか。各国それぞれ1本ずつをティスティングし、審査し採点。それを7回繰り返す。

参加者の中には、ソムリエの資格を持っていたり、飲食関係者もいる。しかし、ワインは数あれど、すべてを試飲している人などいない。生産国がわかっているとしても、答えを導き出すことは至難の業だ。審査員たちは、グラスに注がれたワインを見つめ、会話もそこそこに、その知識と経験をもって推理を続ける。

約1時間半後、ようやく7回戦までが終わると、その結果は、ある程度予想通りの結果ではあった。フランスワインの5勝1敗1分。しかし、それぞれのフライトでの得点を見れば、それほどの差はないことがわかる。
宮地氏の評によれば「フランスワインがリリース間もないタイミングながら、今飲んで楽しめたことが印象的。この10数年でのフランスワインの変化が見て取れる。南アフリカの内在するクオリティは可能性を感じさせてくれたとともに、フランスワインのコピーでもなく、南アフリカらしさの片鱗を感じさせる」とのこと。
審査員たちは、遅めのランチを味わう。ひとときの心躍る推理ゲームの余韻が、その会話を弾ませる。
こうして、和やかなムードのまま、第1回イベントは終わりを迎えた。

さて、この「shibuya wine challenge」。少々ハードルが高く感じられるかもしれないが、実は、そんなに構える必要もないと思う。
文屋氏いわく「ワインとはスピリチュアルなもの」なのだという。つまり、それは歴史、銘柄、味、香り、信仰…。どの要素をどんなスタイルで、解釈しても、それは正しい。このイベントの根幹にあるのは、「自分の好きなワイン」を探求していくこと。つまり、ワインを好きでもっと知りたいなら、参加資格は十分。
いろんなワインに触れてみたいな、と思っているアナタ。第2回(開催が決まったらNeoLでも告知します)には、ぜひ参加してみてはいかが?

IMGP4930 IMGP4945 IMGP4886 IMGP4878 IMGP4949 IMGP4995
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。