ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの通信環境が不安定なときでも通話、メールが可能に!超便利なスマホケース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年の瀬、新年が迫ってきた。初詣やバーゲンなどには、多くの人が足を運ぶため、かなりの人ごみが予想される。「友人と来たのに、人ごみの中ではぐれてしまった。携帯電話の表示では電波が立っているのに、なぜか通話もメールもつながらない……」そんな体験をしたことがある人もいるだろう。

そんなときに活躍してくれそうなのが「Beartooth」だ。携帯電話の通信が動作しないときでも、通信網を作り出すスマートフォンケースだという。

「Beartooth」はP2Pの通信方式で、付近の「Beartooth」ユーザー同士をつなぎ、ネットワーク環境を創出する。まず、ユーザーはスマートフォンに「Beartooth」ケースを装着し、アプリを起動する。すると、2、3マイル以内にいる他の「Beartooth」ユーザーと接続でき、音声通話をしたり、テキストを送ったりできる。ただし、この対応距離については、地理的環境に左右される点は留意しておきたい。

また、このスマホケースは2000mAhの予備バッテリーとして用いることもでき、VHF、UHFラジオとしての機能をもっているのも便利。

「Beartooth」があれば、電波状況が大混雑しているコンサートやイベント会場などの人ごみで活躍するだけでなく、通常の携帯電話の通信網から離れた遠方の場所、登山やアウトドアスポーツに出かけることが多い人にとってはかなり有用だろう。

このケースは、現在のところiPhone 5/5S、6/6+やGalaxy S4/S5などのメジャーな端末に対応しているが、今後、対応端末を拡大していく見込み。

Beartooth

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP