ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドタキャンされたマラソン大会が振り込め詐欺の住所と一致?ネット上騒然

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都荒川区の河川敷で12月21日に実施予定だったマラソン大会「東京荒川マラソン」が、開催2日前にコースの使用許可申請を行っておらず中止を発表した件で、参加費返金に応じているという主催団体の住所が「振り込め詐欺に利用された要注意住所」と同じだという情報がネット上で流れ大きな話題となっている。

このマラソン大会を運営する任意団体「黎明」の主催者は、不備を認め1500人から集めた参加費「2000円~4000円」を1月中に返金するとしているが、謝罪文内に載せられていた住所が、過去に架空請求などを繰り返している団体としてネット上で注意喚起されている所在地と一致していることがネット上で指摘。

もちろん住所が同じというだけで関連した企業とは限らないが、一部報道によると来年3月に同団体が主催していた「荒川・スプリングマラソン」も申し込みを停止したり、「マラソン大会のHPなのにスケジュールどころかコースもない」「HPが雑過ぎる」といった意見もあるようだ。

関連記事リンク(外部サイト)

「やっぱり海外組って凄いかも・・・」海外マイナーリーグのスーパーゴールが超絶レベル
「ゴーエンパーリィ~!」TVでヘビロテ中のCM曲に盗作疑惑?ネット上でも賛否続々
松岡修造カレンダー、売上30万部突破でぶっちぎりの1位 「最後までアツいなw」の声
木村文乃が茶髪ボブにイメチェン!自撮り写真が可愛すぎると絶賛の嵐
佐々木希VS堀北真希、芸能界きっての二大美女に男性陣の議論白熱

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。