体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ミリヲタ的グルメ】第36食 ウクライナ軍レーション

皆様こんにちは。ミリタリーにおける『食』、特にレーションについてご紹介していくDachoの『ミリヲタ的グルメ』。
今回は、ウクライナ軍レーションをご紹介します。最近大きな出来事の舞台となりニュースに登場することも多かったウクライナでは、どのようなレーションが使われているのでしょうか。

【関連:第35食 自衛隊の新型戦闘糧食I型】

●ウクライナ軍レーション

ウクライナ軍レーションパッケージ

これが現在ウクライナ軍で使用されているレーションです。1パックに3食分の食料が詰められた1日用のレーションです。
実は、この緑のビニールパックのレーションは、今年になって採用された最新型で、今まではプラスチックのトレイ型のパッケージでした。旧型では9カ月だった賞味期限が、新型では2年間になっています。また、エネルギー量も600Kcal以上増えて4,232Kcalとなりました。

●ウクライナ危機とアメリカ軍MRE
2014年に入ってウクライナでいくつもの重大な事態が発生し、多くの国がウクライナ政府を支援したことは、皆様もご存じではないかと思います。その中でノルウェーとアメリカは、軍のレーションを大量に支援物資としてウクライナへ届けました。ところが、30万食が引き渡されたアメリカ軍のレーション『MRE』は、非常にひどい扱いを受けてしまいました。
まず、ウクライナで放送されたTVニュース(http://youtu.be/X2fM6RMKDgU)をご覧ください。

今回の主役であるウクライナ軍の新型レーションを紹介する番組です。前半はウクライナ軍人からの説明とレーションのパッキング工場の様子が流れ、後半は軍人が実物を手に新型レーションの素晴らしさを主張します。ここで何と他国からの援助物資であるMREと並べて、我々の口に合うのはウクライナ軍の新型レーションだと力説し、犬がどちらを食べるかのデモンストレーションまで行います。自分たちのレーションが優れていると主張するのは自由だと思いますが、他国からの援助物資をこのように扱うのは、私としては非常に失礼な行為だと思いますし、多くの血が流され国境線が書き換わりそうな状況もあまり深刻に感じてないのかなと疑ってしまいました。
動画の最後でWebページと記者会見の様子が流れますが、これはアメリカから援助されたMREが大量に横流しされ、インターネットで1つ120フリヴニャで販売されているのというニュースです。(フリヴニャ:ウクライナ通貨、120フリヴニャは2014年12月18日現在900円程度)その結果、高官が記者会見で釈明する事態になってしまいました。

●ウクライナ軍レーションの中身

朝昼夕食パッケージ

上でご紹介したニュース動画では、手作業でパッケージを熱封印するシーンが流れますが、これが雑なようできちんと密封できておらず、大穴が開いていました。パッケージを開くと、中から朝食、昼食、夕食のパッケージと砂糖の粒がたくさん出てきました。よく見ると、夕食のパッケージも密封できておらず、振るとサラサラと音がするので、この中の砂糖が漏れてしまっているようです。
ダメージの確認もあるので、夕食、昼食、朝食の順に試食することにしました。

▼夕食

ウクライナ軍レーション夕食
1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy