ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長嶋茂雄氏 王貞治氏との関係や天覧試合等V9の思い出を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、国民栄誉賞を受賞した“日本プロ野球の象徴”、長嶋茂雄氏が12月22日発売の週刊ポスト(2015年1月1・9日号)で、王貞治氏や川上哲治監督など、V9時代について5ページにわたり、熱弁をふるっている。

 病魔に倒れてから10年が経ち、懸命なリハビリで驚異的な快復を見せる長嶋氏は、日本プロ野球史上に輝く金字塔「V9」について回顧。かつて王貞治氏は長嶋氏を「ライバルだという思いはなかった」と、週刊ポストで評したが、長嶋氏はこれに対し「僕もワンちゃんをライバルだと思ってはいませんでした」と、語っている。

 あくまでも自らのバッティングに徹し、王氏と自身のタイプの違い、チームに貢献する役割も違う「最高のコンビ」だと評している。

 そして長嶋氏は、王氏と自分との練習方法の比較、阪神の小山、村山、江夏、大洋の平松ら、相手チームのエースの攻略法、チームを率いた川上監督の思い出についても言及。さらに天覧試合や、“素手で打席に立った事件”などについても語っている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
王貞治氏がおかわりした生家の味再現 ヤフードームの肉そば
長嶋茂雄氏がこれまで国民栄誉賞もらえなかった複数理由とは
「誠実で裏がなく、分け隔てないのはONと松井だけ」と記者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。