ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大学構内への警察官立ち入りは認められる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 京都大学構内に私服警察官が立ち入ったことが大きなニュースとなったことは記憶に新しいと思います。

 では、そもそも「大学構内に警察官が立ち入ることについて規律する」法律はあるでしょうか?ただし、刑法の住居侵入罪(刑法130条)を除外します。

(1)ある
(2)ない

A.

正解(2)ない

 現在、刑法の住居侵入罪のほかには、大学構内への警察官立ち入りを規律する法律はありません。かつて大学紛争が多かった時代は「大学の運営に関する臨時措置法」という法律がありましたが、現在は廃止されています。

 大学構内への警察官立ち入りがこれだけ議論になる背景には、憲法で「学問の自由」が保障されている点があげられます(憲法23条)。
 学問の自由を守るために、「大学の自治」が間接的に保障されていることが必要になってきます。学ぶ場を大学側が管理できなければ、学ぶ自由を得られないという関係です。そのため、国(警察官も含む)が大学構内に入ることが議論を呼ぶことになります。

 実際、京都大学のケースでは、警察官立ち入りに対して大学側も遺憾の意を表明しています。「安全を確保するためには警察官に立ち寄らせればよいだろう」と考えると、「警官が入って何か問題があるのか?」と思ってしまいますが、実は憲法上の権利をどのように保障していくかという、深い問題が隠れています。

元記事

大学構内への警察官立ち入りは認められる?

関連情報

更地にある柿、栗などを根こそぎ持っていかれた場合の対処方法は?(なっとく法律相談)
合い鍵を使って彼女の部屋に入ると住居侵入罪?(なっとく法律相談)
突然住居侵入罪を主張した彼氏、こんなの成立するの?(なっとく法律相談)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP