ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1shopmobileが「BlackBerry Passport」のホワイトカラーの販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にも発送してくれる香港の携帯通販ショップ 1shopmobile.com が、米国で 11 月末に発売された「BlackBerry Passport」のホワイトカラーの販売を開始しました。現在の 1Shop 価格は $689(約 85,000 円)で、米国での本体価格 $599.99(約 74,000 円)よりもけっこう割高です。日本に輸入する場合の送料を含めた総額は $719 となり、国内到着時に課せられる消費税を考慮した輸入総額は、約 95,000 円になります。米国の Amazon.com から転送業者を利用して輸入するよりも 10,000 円程度高くになりますが、直輸入ができる手軽さはあります。BlackBerry Passport は 4.5 インチのスクエアディスプレイと QWERTY 配列の物理キーボードを搭載したスマートフォンで、パスポートとまったく同じサイズの珍しい形状の端末なのですが、Android アプリをインストールでき(APK ファイルを手動インストール) 最新 OS バージョン BlackBerry OS 10.3 を搭載。スペックも Snapdragon 800 クアッドコアプロセッサや 3GB RAM というハイスペック仕様で、世界的に人気が急上昇しています。ホワイトカラーは、バックパネル部分だけでなく、フロント面のキーボードやベゼル部分も真っ白な、Xperia Z3 シリーズと同じような配色を採用しています。商品ページの記載によると、1Shop で販売されている BlackBerry Passport は米国で販売されている SKU と同じモバイルネットワークの対応周波数となるため、FOMA プラスエリアと LTE 2100(バンド 1 )に対応したモデルです。Source : 1shopmobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0.1(LRX22C)からAnddroid 5.0.2(LRX22G)の変更内容が判明
フォーカルポイント、Android対応のワイヤレス魚群探知機「Deeper」を発売
Sony Mobile、Xperia向けのAOSP版ソースコードをAndroid 5.0.1ベースにアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP