ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蜂蜜が入っているかのような甘み 15000円のトマトジュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康のため、トマトジュースを飲んでいる人は多いだろうが、毎日飲むには高級すぎる1本、1万5000円のトマトジュースが存在する。1年で1か月間、天候によっては2週間しか収穫できず、病気にかかりやすいため、「幻のトマト」と呼ばれるブラックプリンストマト。

 その高級トマトジュースを販売するセレブ・デ・トマト表参道本店・吉本美代子さんはこう解説する。

「通常、黒トマトは、糖度が5~6度ですが、北海道の契約農家が作る糖度9度以上の極上のトマトを1瓶(830ml)に約30個使用しています。約3か月間、熟成に熟成を重ねてから出荷します」

 驚くべきはその粘度と色。まるで上質なデミグラスソースのようにとろんとしている。一口飲んでみると、蜂蜜が入っているかと思うほどの甘みが口に広がる。昔懐かしい初夏の青々しいトマトの香りが鼻を抜ける。トマト好きにはたまらない。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
仰天! 「風呂に入れるラー油」が発売されていた
醤油味の即席麺に合う「ちょい足し」は大福、レモン、トマト
熱中症に技ありジュース お勧めは「トマトジュース+蜂蜜」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP