ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

外見を整えることが人間関係を円滑にする

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
外見を整えることが人間関係を円滑にする

 人は見かけで判断できない。見た目より内面が大事。
 …そう思いたいところだが、実際はどうだろう。初対面の相手や出かける場所などによっては、見た目で判断される、もしくはしていることは多いのではないだろうか。

 『21世紀は男も女も“見た目”が100%』(斎藤一人・舛岡はなゑ/著、マキノ出版/刊)は、服装、メイク、アクセサリーから表情に至るまで、人生が丸ごとうまくいく見た目の整え方を紹介する一冊。

 著者の斎藤氏がふだん乗っている車は国産車だ。服はスーツを着ているわけではないし、お付きの人がついているわけでもない。だから、せめて腕時計くらい「いいもの」をしないといけないなと思ってロレックスをしているのだという。
 ただし、時間を見るためでもなく、見栄でもなく、いい時計をしていばりたいわけでもない。ロレックスの時計をしていれば、お店の人たちは「この人は成功者でお金持ちなんだ」と判断して、それ相応の対応をとるだろう。すると、あとで素性が知れたとしても「なんて失礼なことをしてしまったんだ」とお店の人も思わずに済む、ということだ。
 Tシャツにジーパンをはいていても、パッと見たときに、シンボルになるようなものがワンポイントあれば、相手は自分をなめるようなことをしてこない。どんな人でも、人か自分を大切な存在だと思いたいし、他人からかけがえのない存在として認められたいもの。そのためには、まず外見を整えることが大事なのだ。

 サラリーマンでも商売人でも、なめられたら相手にされない。誰かになめられたままで、楽しく生きることはできないと斎藤氏は語る。肝に銘じておくことは、もし、他人になめられたとしたら、必ず自分がなめられるようなことをしているということ。社会人にもなって、相手の立場も場所柄もわきまえないで、あまりにもラフな格好をしているから、他人になめられてしまうのだ。
 外見を整えること。自分を高め、魅力的に見せる「押し出し」をすることが大事なのだという。ただ、誤解してはいけないのが、外見を整えさえすればいいというわけではない。「押し出し」だけではこの世の中は渡れない。当然、実力も要ることは忘れてはいけないのだ。

 まずは外見を整えてみる。すると、周りの人の見る目も変わり、人生は大きく変わるかもしれない。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「恋人はルックス重視」男性6割・女性3割
男性が萎えてしまう女性の一言とは?
女性が思わず反応してしまうホメ言葉とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。