ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電芸人ペナルティ・ヒデの家事力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もはや1ジャンルとして確立した感のある「家電芸人」。その“祖”たるペナルティのヒデさんいわく、「各社から家電が出揃う時期だけに、楽しんで選んでほしいんですよ。僕なんかもう家電売り場に泊まり込みで楽しみたいくらい!」と鼻息が荒い。特に「きらびやかなもの」を選んでほしいのだとか。たとえば、掃除機。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「ダイソンなんてすごくスタイリッシュなデザインで、テンションが上がるじゃないですか。自ずと掃除をする気になるし、楽しんで作業すれば家事の腕も上がります。そして掃除はプロセスを楽しむこと。付き合っている彼女に部屋をたとえたら、キレイになる過程は喜びだと思うんですよね」

掃除機を8台有し、生まれ変わったら左手が吸引ノズルになっているに違いないと考えるヒデさんだが、その見識は家電のみならず家事全般にも及ぶ。

「料理も得意ですよ。お金がなかった昔は体ひとつで頑張っていましたけど、今は状況も変わってきて、家電に囲まれて料理をするメリットを感じています。たとえばフィリップスの『ノンフライヤー』は、家でやる揚げ物のハードルを下げてくれました。レパートリーも増えるでしょ。すると『うまい揚げ物でも食べに行かない? …うちに』なんてこともいえる」

「“食”って『人を良くする』と書くくらいだから大事ですよね」とキレイにまとめたヒデさんに、もう一踏ん張り、洗濯機に関してうまいこといっていただこう。

「洗濯機の頭文字のSとはすなわち、“選択”のSだと言えます。すべてSに絡めていえば5つあって、サイズ、スタイリッシュ、省エネ、節水。その優先順位で絞り込んだら、最後は“財布”と相談。お後がよろしいようで」

…美しいオチに水を差すようで申し訳ないが、往々にしていいもの=高いもの。問題はその折り合いをどう付けるかだが、ひとつの「考え方」があるという。すなわち、ヒデさんの見識は家電選びにとどまらない。

「調理家電、掃除機、洗濯機、それぞれの“プロ”を自宅に雇い入れたと考えれば安い買い物です。最新のレンジなんて、ボタンひとつで作れると謳う付属レシピ本の分厚さにビビりますよ。でもいろいろ作れるシェフをホントに雇ったらいくら掛かるかわからないでしょ? そして毎回ふたりきりになるのは気まずいでしょ? その点家電なら、割安だしずっとフランクに付き合えると思うんですよね」
(吉々是良)
(R25編集部)

家電芸人ペナルティ・ヒデの家事力はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

白物家電 買い替え時期の診断法
年末商戦期が最安!狙い目家電3種
最新美容家電6選使い心地レポート
世界で最も高性能な空気清浄機とは
最新「オトコ自炊お助け家電」6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。