ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅白名物司会者・宮本隆治氏 「NHKホールには魔物がいる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK紅白歌合戦の総合司会を1995年から2000年まで務めた宮本隆治氏をスペシャルインタビュー。子供の頃から歌手の物まねが得意で、紅白の司会が夢だった。NHK入局後、地方勤務を経て東京アナウンス室へ。「歌謡コンサート」などでの仕事ぶりが評価されて抜擢された。

「45歳でやっと目的地に達しました」

 司会の内示は10月中旬に行なわれるという。

「もちろん社外秘。家族にもいうなといわれていましたが、女房には喋ってしまいました(笑い)。誰かにいわないと、どういう状況になるか分からない精神の剣ヶ峰の心痛があった。これを少しでも誰かに分かってほしいと思って」

 紅白の司会を13年務めた先輩アナ・山川静夫氏からは、「紅白だからと、いつもと違うことはやってはいけない」と指導を受けた。タキシード用にエナメルの靴を新調したところ、本番当日、そのフィット感が気になって集中力を欠き、マイクを持って出るのを忘れたという山川氏の失敗からのアドバイスだ。そこで宮本氏は例年通り25日に知人の寿司職人と築地に買い出しに行くなど、普段と同じ生活のまま本番に臨んだという。

「パリのオペラ座に怪人がいるように、NHKホールには魔物が棲んでいます。慣れているはずのNHKホールなのに、紅白のときに出てくる“魔物”はとびきりの大物なんです」

「ミソラ発言」も「仮面ライダー紹介」(※注)も、極度の緊張を襲う“魔物”の仕業だ。宮本氏は「撃退するには練習しかない」と台本を何回も反復反芻し、なんとかノーミスで通した。思い出深いのは、第50回大会の白組司会を務めた歌舞伎俳優・中村勘九郎(故人)とのエピソードだという。

「西城秀樹さんが『バイラモス』という歌で出場していたんですが、それについて勘九郎さんから相談された。“バイアグラっていったらどうしよう?”って真顔で聞いてくるんですよ(笑い)。ちょうどその薬が社会的な話題になった年でしたしね。だから私は“バイ”で切りましょう。バイ、で一呼吸置いて、ラモスかアグラか考えましょう! と話しました。本番では、絶妙の間で魔物を撃退できました」

 宮本氏は「司会はあくまで“額縁”」と言い切る。

「歌手の皆さんという素晴らしい“絵”を引き立たせる役です。そして総合司会の大事な役目はもう一つある。エンディングで、次の『ゆく年くる年』までの3分40秒をいかにうまく繋ぐかです。今でも紅白を見ると現場の緊張が手に取るようにわかる。当時を思い出して息が苦しくなっちゃいます(笑い)」

【※注】「ミソラ発言」「仮面ライダー紹介」/第35回(1984年)、総合司会の生方恵一氏が同紅白でラストステージを公言していた都はるみに対し、「ミソラ…」と言い間違える。「仮面ライダー」は第37回(1986年)。少年隊の『仮面舞踏会』を加山雄三が言い間違えて紹介した。

◆みやもと・りゅうじ/1950年、福岡県生まれ。1973年、慶應義塾大学卒業後NHK入局。1995年~2000年まで6年連続で紅白歌合戦の総合司会を務めた。2007年4月からフリーとして活動中。

●文・石山裕(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6年連続で紅白総合司会務めた元NHKアナが語る紅白の魅力
NHK紅白歌合戦珍事件 加山雄三の「仮面ライダー事件」とは
【紅白歌合戦トリビア】「打ち上げ」はNHKの食堂で行なわれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP