ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年で最もロト7当たりやすいのは12月 嫌いな数字が狙い目?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ロト7」(毎週金曜抽せん)は、最高賞金8億円というのが大きな魅力ではあるものの、1等の当せん確率はジャンボよりも低く、どうしても「当たりにくい」という印象がある。実際の抽せん結果を見ても、ここ数か月は1等の当せんが出ない状態(キャリーオーバー)が頻繁に発生している。

 そこで「1等が出た回数」を月別に集計してみたところ、何と12月だけは毎回必ず1等が出ているのです。言い換えれば、1年の中でいちばんロト7を当てやすい月となるわけだ。

 ロト7は、1から37までの中から7つの数字を選ぶという宝くじだが、12月に最も多く出ている数字が「末尾4」、次が「末尾9」と「末尾0」。面白いことにこの3つの数字は、宝くじ協会が集計した「嫌いな数字」のトップ3に、そのまま当てはまっている。

 12月のロト7は「選ばれにくい数字を多く入れる」という作戦で、チャレンジしてみてはいかがだろうか。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
グリーンジャンボ もっとも当たる番号は「49組141919」
ドリームジャンボ 10年間のデータ見て当選しやすい番号分析
ロト6 今年は「37・38・39」など「連続数字」が出る傾向に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP