ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島裕之にメールで入団を断わられた阪神 元球団社長が喝!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3年ぶりに日本球界に復帰する中島裕之。阪神は4年12億円の好条件を掲示したが、3年14億円のオリックスに持っていかれた。

 それにしてもこのオフは阪神の「交渉下手」がいつにも増して目立つ。鳥谷の引き留めに失敗しそうなうえに、FAでの獲得を狙った山井大介(中日)や宮西尚生(日本ハム)も残留を決めた。補強はことごとく失敗している。

「ハッキリいえばフロントの問題だね。例えば中島は直前まで、阪神とオリックスどちらにするか迷っていたが、決め手はオリックスの瀬戸山(隆三)GMからの電話だったと聞いた。阪神は熱意の面でも負けているんだろう。他の選手に対する態度も推して知るべしだよ」(阪神の重鎮OB)

 中島が各球団に断わりを入れた際の方法も意味深だ。西武には「残念ですが……」という丁重な断わりの電話を入れたが、阪神には「深夜の電子メール」だったという。中村勝弘GMは補強がうまくいかない状況に、「全力で我々は対面していっているので結果はしょうがない」と開き直っているが、一番の戦犯が言い訳ばかりとは情けない。

 かつて阪神の球団社長を務めた野崎勝義氏が語る。

「ここらで一度立ち止まって、本当にチームに必要な補強は何かを考え直す時ではないでしょうか。私の時代と違って最近は補強費も潤沢になったためか、お金をちらつかせてFAの大物獲得に走るばかりで、若手を育てる視点を欠いているように思う。その場しのぎの補強ではチームは強くなりません」

 阪神の本当の問題は、誰も責任感と覚悟がないことではないか。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神 中島裕之代理人から契約金吊り上げの当て馬に使われた
阪神ファン医師 負けた日はサッカーTシャツの患者に薬出さず
小谷野の西武入り消滅 西武D気候説に対し「札幌の方が…」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP