ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大合格請負人「挨拶ができない子は東大に行けない理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 偏差値35の高校生を1年2カ月で東大合格へと導いた実績を持つ、いま注目の受験コンサルタント、時田啓光氏。氏は自身の実績から“東大合格請負人”を名乗るが、大手予備校に所属する講師ではない。口コミや教え子の紹介などによる家庭教師や塾講師など、草の根的な指導を通じて、1200人以上の生徒を教えてきた。東大に合格する子の特徴とは何か? 引きこもりになる家庭の特徴とは何か?

 受験を通じて親子を見つめ続ける時田氏の、熱く確かな言葉が響くインタビュー【後編】です。

 * * *
――“東大合格請負人”の先生ですが、様々な生徒を教えていらっしゃるのですね。

時田:はい。私の生徒は小学生から高齢層の方々まで、成績も学びたいことも様々です。仕事柄“東大合格請負人”と名乗らせていただいておりますが、もちろん皆が東大に行く必要はありません。私は人に教えたり、人から教わったりする相互のやり取りが大好きで、この仕事は天職だと思っています。勉強がしたい方なら学生に限らず、50代や60代の方も教えます。

――先ほど、偏差値35だった高校生が東大に合格するまでの道のりをお聞きしましたが(【前編】に掲載)、東大に合格する子と、しない子の“差”を挙げるとしたら、何でしょうか。

時田:もちろん色んな特徴や個人差があるのですが、東大に行けない子の特徴を一つ挙げるとしたら「挨拶ができない」こと。

 挨拶ができないということは、他人に対して心を開けないということなんですね。もっと言えば人を信用できない。心を開かせるのも教育だと言われれば、それはそうなのですが、そのためには私の指導とは別のアプローチや長い時間が必要だと考えていますので、そういう方の指導はお断りさせていただくことがあります。受験勉強にはやはりコミュニケーション能力が必要になります。

――先生とコミュニケーションをとる能力が必要、ということでしょうか。

時田:一つにはそうです。私の指導方針は「教え合う」ですから、コミュニケーションがとれないと機能しないんです。こちらからの質問に回答する気がない生徒とは、授業が成り立ちません。もう一つ、受験勉強自体がコミュニケーションを学んでいるんです。出題者の意図をくみ取って回答する能力がないと、とりわけ難関校の試験での正解は得られません。特に国語の文章読解にはコミュニケーション能力が求められているのですが、どの科目においても、多かれ少なかれ必要になります。逆に言えば、他人を受け止める力のある生徒は、しかるべき方法で勉強をすれば、必ずできるようになります。

 もう一つ挙げるとしたら、「好きなものをもっているかどうか」ですね。お話しした偏差値35の子は“野球バカ”で、野球を応用して勉強もできるようになっていったわけです。

――でも、好きなもの、やりたいことがない子っていますよね。

時田:います。どっちでもいい子ですね。勉強ができるようになりたいわけでもなく、だからといって、他にやりたいことがあるわけでもない子。そういう子は伸びにくいですね。そういう状態の子には、何もさせないほうがいいと思います。

――勉強もさせないほうがいいということですか。

時田:ええ。そういう子はまだ好きなものが見つかっていないか、自分で見つけたり判断することに慣れていないんですね。常に周りから与えられたり、これをしなさいと決められて育つと、そうなりがちです。

 以前、そうした“どっちでもいい子”の指導を頼まれたことがあって、その時は勉強をやめて、「行きたいけど、まだ行ってない場所があれば行こう」と街に連れ出しました。その子がじっと見てるものがあると、「あれが好きなの?」と聞いてみる。その時は「わかんない」と答えましたが、理由はわからなくとも自分が惹かれものを探していくことで、好きなものは見つかっていくはずです。これがやりたい、これが好きという自らの意思が、受験勉強でも必ず必要になります。

――ゲームやテレビなど、一般に勉強の妨げになるようなものが好きな場合はどうしたらよいでしょうか。

時田:どんなことであれ極めればものになると私は考えますが、反面、やめたい、あるいはやめさせたい場合は、強制することですね。「うちの子、ゲームばかりなんです」と嘆くお母さんがいますが、実際はゲームばかりではないんです。ご飯を食べてるし、合間にテレビを見たり、漫画を読んだりしてる子がほとんど。だからそうした悩みを持つお母さんには「朝から晩まで、徹底的にゲームをさせてください」と言います。好きなことでも、もしかしたら好きなことだからこそ、強制されると、人っていやになるんです。

 自分でやめたい場合も、自分に強制して徹底的にやればやめられます。買い物がやめられない人は、徹底的に買い物をしていると、いつか飽きます。私は幼い頃、大変な偏食で、好物はカステラと梨でした。それを知った祖母が毎日出してくれたら、41日目に「もう食べられない!」と泣きました(笑)。祖母は良かれと思って出してくれたと思うのですが、人って、そればかりを強制されるといやになるんだなと学びました(笑)。

――家庭教師として生徒のご自宅に行かれることも多い先生ですが、できる子の家庭の特徴はありますか。

時田:そうですね。質問からはちょっとずれた回答になりますが、私は不登校や引きこもりの子も教えているんですね。「子供が引きこもりになりやすい家かどうか」は、入った瞬間にわかります。いわゆるモデルルームのようにピカピカで生活感のない家は、引きこもりにないやすい。こういう家庭の問題は目線が“外”を向いていることです。親御さんはめっちゃ喋る一方、子供はほとんど喋らない、というのも、こうした家庭によく見られる傾向です。

――引きこもりの子のいる家庭に、何かアドバイスはありますか。

時田:それぞれの家庭に個別の事情があると思いますので、総論では言えません。ここでは一つだけ、私の経験をお話しましょう。子どもが引きこもりになったある家庭では、お母さんに、雑誌1冊を机に置いてもらうところから始めました。このお母さんはとても綺麗好きで、机の上に物が置いてあるとダメな方だったんですね。「許せる範囲を増やしていきましょう」とお話しして、雑誌1冊から頑張ってもらいました。他の人の理念や理想論よりも、こうした小さな具体的なアドバイスが役に立つことがあります。

 少しずつお母さんが変わると、子供も変わっていきました。受験勉強とは、単に受験テクニックを学べばいいものではなくて、生活の延長線上にあるものだと、私自身も気づかされました。

■時田啓光(ときた・ひろみつ)
株式会社合格舎代表取締役。下関出身、京都大学大学院卒業。日本プレゼンテーション協会認定講師。これまでに延べ1200名を指導し、偏差値35の生徒を東京大学合格に導く。東京・千葉・長野・広島などの全国の学校教育機関や各種団体で講演活動も行うなど、幅広く活動している


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
偏差値29の生徒が東大に合格するための77の勉強法
東大合格請負人「偏差値35の野球バカが東大に受かった理由」
公認会計士合格の16才 ちらしの裏に必要事項書いて勉強

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP