ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原美術館が蜷川カラーに染まる! 『蜷川実花:Self-image』開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国際的に活躍する写真家・蜷川実花による個展『蜷川実花:Self-image』が、2015年1月24日から東京・品川の原美術館で開催。

極彩色の鮮烈な写真で知られ、近年では映画やミュージックビデオなどの映像作品や、ファッションデザイナーとのコラボレーションなどへも活動の幅を広げている。

『蜷川実花:Self-image』展では、「生身に近い、何も武装していない」と彼女が語る作品群を紹介する。現代社会の闇や影の部分に目を向けた『noir』、川面に散る桜を一心不乱に収めた『PLANT A TREE』に加え、初期から断続的に撮影してきたモノクロームのセルフポートレートが初めてまとまった形で展示される。
元邸宅という原美術館の親密な空間を彩る新たな「蜷川カラー」に注目したい。

『蜷川実花:Self-image』
2015年1月24日(土)~5月10日(日)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00(水曜は20:00まで、共に入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(5月4日は開館)、5月7日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜は小中高生の入館無料
「Self-image」2013 @mika ninagawa, ourtesy of Tomio Koyama Gallery

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP