ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだまだ削れる出費のポイントは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年もあとわずか! ふりかえれば、年初の目標ほど貯金額が増えなかった…という人、いませんか? 予定外の大きな買い物や旅行があったわけではないのに、なぜかいつも金欠気味なんて場合は、固定費の見直しがオススメ! なかでも注目したいのが、月々の通信費です。数年前にガラケーからスマホに切り替え、なんとなくそのまま同じキャリアで使い続けているという人は特に、そろそろ見直しの時期を迎えているかも!

【画像や図表を見る】

というのは、ここ最近「格安SIM」サービスの利用が、一般スマホユーザーに浸透してきたから。プロバイダーなどの通信事業者をはじめ、様々な事業者が展開するこのサービスは、通信速度やデータ容量を制限することで、大手携帯電話会社に比べて、月額の通信料が割安になるというもの。こうしたサービスを現状の契約キャリアとしっかり比較検討してみると、月額の通信料が今より安く抑えられる可能性が大きい…というワケ。

ただ、毎日スマホをしっかり使うという人や、スマホのスペックが気になるこだわり派にとっては、納得できる通信制限やスマホ端末で、なおかつ通信料も安く抑える…というのは、なかなかハードルが高くなってしまうもの…。

そんななか、注目したいのが、ソネットから新登場の「LTE SIM+スマホセット 4980」。スマートフォン端末と音声通話、さらに高速LTEデータ通信がセットになって、月額4980円で利用できるというサービスです。データ通信には、月間総量の制限は定められておらず、制限があるのは1日あたりの通信料のみ。1日360MBまで利用可能なので、YouTubeのような動画なら180分程度視聴できる(※ソネット調べ)ので、1日の容量としては十分! 毎日フルに利用すると、月間で約11GB使えることになります。さらに、この4980円にはスマートフォン端末の36回割賦代金が含まれるので、割賦代金の完済後は、さらに月額料金は下がるのだとか。他にも1万円キャッシュバックキャンペーンなども展開されているので、うまく活用すれば、通信料を節約しつつ、しかもストレスのないスマホライフが実現できるかも!

スマートフォンは、ファーウェイ社から登場した大画面約6インチディスプレイで4100mAh大容量バッテリー搭載の最新ハイスペック端末「Ascend Mate 7」。美しいディスプレイに、指紋認証システム、さらにオクタコアCPUなど、これまでのSIMフリースマホにはあまり見られなかった高性能端末で、これならスペックにこだわるユーザーでも、使い勝手に満足できそう!

通信料金を整理整頓するなら、ゆっくり検討できる年末休暇のタイミングがオススメ! 2015年から、ムダを省いた賢いお金の使い方をマスターできるかもしれませんよ!
(R25編集部)

まだまだ削れる出費のポイントは!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP