ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不甲斐なかった阪神と巨人の差は和田豊監督と原辰徳監督の差

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年のプロ野球は、特にセ・リーグは「アホみたいな結果だった」と野球評論家の江本孟紀氏は振り返っている。ここで使われている「アホ」とは関西で親しみと温かさを込めて使われる言葉で、「変われば良くなる」という期待を込めたもの。そのアホみたいだったセ・リーグの中でも特に不甲斐なかった阪神の敗因について、江本氏が分析する。

 * * *
 特に不甲斐ないのは阪神です。首位に0.5ゲーム差まで迫るが結局追い越せない。これは和田豊監督と原辰徳監督の差です。

 象徴的な出来事がありました。和田監督は5月の試合中、1回だけマウンドに行き、アドバイスしたことがあります。ところがこの時はベンチに帰った直後に投手が火だるまになった。それ以来、絶対にマウンドへは行かなくなりました。責任を負いたくないんでしょうね。

 この和田監督のアホな姿はいかにも“阪神的”なんです。阪神という球団は批判を極度に怖がる。オフになると、やれ掛布(雅之)だ、やれ江夏(豊)だとOBをコーチに招聘したり、ビッグネームの補強をブチ上げるのは、大枚をはたいて補強したのに優勝できなかったことを批判されないようにするための話題作りです。

 反対に原監督はどんなに失敗しようとも、懲りずにマウンドに行って鼓舞していた。指揮官がこれだけ違ったら勝てません。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神ファン 和田豊監督へ「7戦まで頑張れ。ナナ好きやろ」
ダンカン 阪神和田監督は素晴らしい、永久監督やってほしい
城島とブラゼルの一塁争い「通訳介すからブラゼル外し易い」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。