ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港の女性富豪 資産3000万ドル以上833人で世界一との調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スイス銀行が発表した「2014年世界スーパー富豪報告」(以下、「報告」)によると、香港の女性富豪数が世界一であることが分かった。資産が3000万ドル(約36億円)以上の女性富豪は香港の富豪全体の4分の1の833人で、その半分以上が富豪の父親の財産を受け継いだ結果だという。

「報告」によると、香港の富豪中、ナンバー3までがそのままアジアの富豪の3位までを占めている。1位は李嘉誠・長江グループ会長で、2位は不動産デベロッパーの李兆基ヘンダーソングループ会長、3位が香港在住だが、マカオでカジノを経営する呂志和・銀河娯楽グループ主席。

 香港の富豪3335人の財産の総合計は1兆7800億ドル(約213兆6000億円)で、香港全体の資産のほぼ半分を占めている。

 富豪の人口密度の割合は香港が世界第3位。1位はルクセンブルクで、2位はスイスとなっている。

 このなかで、香港の女性富豪は全体の4分の1で833人。世界全体の女性富豪のなかで香港女性の占める割合は全体の25%で世界一だ。女性富豪の財産総額は900億ドル(約1兆800億円)となっている。

 とはいえ、その半数は父親の財産を受け継いだもの。典型的な例が大手コングロマリットの呉光正・ウィーロック(会徳豊)元会長の長女、呉宗恩氏で、衣料品販売をメインにしたレーンクロフォードグループの会長を務めている。

 このような父親の財産を引き継いだ富豪は多く、全富豪中の45%を占める。つまり、香港で一代で財をなした富豪は全体の55%と、シンガポールの60%、中国本土の91%とは比べものにはならない。

 香港では男女とも「2世富豪」が多く、自分の力で市場を開拓した経験が乏しいだけに、今後、「大陸の実業家の攻勢に太刀打ちができないのではないか」(香港紙)との観測も出ている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港マフィアのボス選挙 最大組織の抗争を懸念し延期される
香港 不動産価格の上昇を受けて億万長者の増加率が世界一に
中国富豪 会社は親子、兄弟等親族での同族経営が主との調査

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP