ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

某大手牛丼チェーン バイト初日で1時間のサービス残業強いる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ブラック企業」という言葉が広く認知されるようになって久しいが、果たしてその労働環境はどれだけ“ブラック”なのか。実態に迫るべく『女性セブン』の記者・A(30代)が、大手牛丼チェーンの店員として働いてみた。サービス残業が多いといわれるが、果たして本当か? その実態を以下にリポートする。

 * * *
 休憩後、2時間ほど勤務を続け、シフトの上がり時間となる18時が近づいてきた。

「Aさん、最後に『営報』を書いて上がってください」と店長格の30代と思しきクルーのTさん。

 営報(営業報告書)とは、売上金額を労働時間で割った「労時」などを記入するもの。この牛丼チェーンでは、「労時」を上げることが店舗運営の最大の目標となっている。店長格のTさんはたびたび「労時」を口にし、「効率よく」働くよう説いていた。効率よく働くこと自体は悪いことじゃない。しかし、その目標が高すぎると現場はつらいだろうと感じた。

 営報を書くためには、レジを締めたり、在庫をチェックしたりしなければならず、やるべき作業は多い。

「Aさん、お客さんが来ましたよ。ホールに出てください」(Tさん)

 客対応にも追われるため、作業は途切れ途切れになる。シフト時間内に終えることはほぼ不可能だ。しかも、シフト時間を過ぎた18時以降も営報のみに集中できるわけではない。客が来れば接客せざるをえなかった。結局、1時間のサービス残業をしてからの“解放”となった。

 初めはなかなかいい時給じゃないかと思ったが、1日働いただけで、体中が筋肉痛になり、次の日の出勤が憂鬱になる。

 結局、4日間働いて辞めることにした。多少慣れたのか、最終日にはサービス残業は20分で済んだ。

 電話でエリアの統括マネジャーに辞意を伝えると、あっさりと「あ、わかりました」と言われた。すぐ辞めてしまうのはよくあるケースなのだろう。

 Tさんやクルーのひとり、20代半ばのKさんのようにやりがいを感じているクルーが多いのは事実だ。しかし、心身ともにタフじゃないと、この職場は務まりそうにない。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
豪華客船の世界一周クルーズ 出航前に米15トン他を積み込む
就活 「私服可」と言えず「リクルートスーツ御遠慮下さい」
新入女子社員 「あの人東大出!」などと社内の男を物色

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP