ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐村河内守氏 八方塞がりでも反撃に打って出る構えも見せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現代のベートーベンと話題になった佐村河内守氏(51)だが、あの騒動以降自宅付近でもまったく姿を見せないという。コンサート企画会社からは約6100万円の損害賠償請求の裁判を起こされ、CD出荷やネット配信はすべて停止。JASRAC(日本音楽著作権協会)からの使用料も途絶えている。

 そんな八方ふさがりの佐村河内氏だが、反撃に打って出る構えも見せている。

 今年8月、放送倫理・番組向上機構(BPO)に対し、『アッコにおまかせ!』(TBS系)で人権侵害があったとして申立書を提出し、10月21日に審理入りが決まっている。問題となったのは、3月9日の放送分。佐村河内氏の会見を紹介しながら「本当は耳が聞こえるのではないか?」と疑問視した。

 申立書では、「視聴者に『聴覚障害者であるかのように装って記者会見に臨んだ』との印象を与えた」などと主張している。

「TBSは、会見時に佐村河内氏がスタッフからペンを渡される際、通訳のほうを見ずに応対する様子や、手話通訳が訳し終わる前に話し始め、記者に突っ込まれたところを強調して放送していた。感音性難聴だと主張する佐村河内氏にとって“普通に聞こえている”と視聴者に思わせる内容は許せなかったのでしょう」(テレビ局関係者)

 BPOがこの訴えを認めれば、佐村河内氏の追い風になる。これまで「偽装障害」と報じたメディアに一斉に損害賠償請求を起こす可能性もある。しかし、名誉毀損裁判などに詳しい落合洋司弁護士はこの見立てに否定的だ。

「BPOに申し立てをする場合は、民事裁判で名誉毀損に訴えても勝てなそうだったり、訴訟を起こすハードルが高いと考えている場合が多い。プライバシー侵害でマスコミを訴えることもできるが、仮に認められたとしても賠償額はそれほど高額にはなりません」

 佐村河内氏の代理人である山縣敦彦弁護士も「今後、マスコミなどを相手に訴訟を起こす予定は今のところない」と話す。会見で「訴訟を起こす」と名指ししていた新垣氏についても「特に訴訟準備はしていない」(同前)という。分が悪いと判断しているのか。

 ゴーストライターだった新垣氏は、今やテレビや雑誌に引っ張りだこ。一方の佐村河内氏は訴訟も仕事も先が見えない。日なたから日陰へ、日陰から日なたへ。運命共同体だった2人の明暗は、くっきりと分かれた。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐村河内氏 6100万賠償請求にCD出荷やネット配信停止の苦境
佐村河内氏の義母「娘が共犯者にならんとええ。それが心配」
雑誌スクープ後追いの新聞「一部で報じられた」等の表現横行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP