ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特撮OB俳優にブレイクの法則 福士蒼汰、千葉雄大に続くのは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 綾瀬はるか主演のドラマ「きょうは会社休みます。」が好評のうちに最終回を迎えた。このドラマが女性を中心に人気を集めたのはヒロインへの共感もあるが、年下の恋人を演じた福士蒼汰の魅力も大きい。そして、話数を重ねるごとに女性視聴者の間で人気が急上昇したのは、ゆとり世代の新人営業を演じた千葉雄大だ。福士も千葉も特撮ヒーロー出身。彼らがブレイクしたのは、一定の法則にのっとったからだとファンの間では言われている。

 その法則とは、ヒーローだったとき、もし同じクラスだったら友だちになるのを敬遠するような極端なキャラクターを演じ、完璧なコスプレのようなヒーローだったほど、直後にブレイクしやすい傾向があるというもの。

「福士君は『仮面ライダーフォーゼ』(2011年)で主役の如月弦太朗を演じていましたが、見た目も中身もびっくりするキャラでした。子ども向け番組は極端なキャラクターが多いと思われるかもしれませんが、最近は内向的で隣にいそうな普通の子という設定もよくあります。でも、福士君の場合は『あまちゃん』に種市センパイ役として登場したとき、同じ人に見えなかったほど違っていた。子どもはフォーゼの弦太朗だとわからなかったようです」(30代主婦)

 福士蒼汰が演じた『仮面ライダーフォーゼ』での如月弦太朗は、リーゼントに短ラン、薄く潰した学生カバンを持ち、まるで20年前からタイムスリップした不良のようないでたちだった。そして、ことあるごとに『学園の生徒全員と友だちになる男』だと宣言する暑苦しい男子高校生として一年間、仮面ライダーに変身し続けていたのだ。

 千葉雄大は、福士蒼汰の弦太朗に比べるとアクの強さは劣るが、『天装戦隊ゴセイジャー』(2010年)であり得ないほど楽天的で前向きなリーダー役だった。『とにかくやってみる』を口癖に、直情的な行動が周りを巻き込んでいくストーリーの推進役だった。「きょうは~」で演じたゆとり新人役のように、気に入らないことがあっても頬を膨らませるようなことはない。

 前述の二人だけでなく、最近の特撮ヒーロー出身で活躍する若手俳優には、極端なキャラクターを演じていたケースが少なくない。

『仮面ライダー電王』(2007年)で佐藤健が演じた野上良太郎は、史上最弱だが憑依されると強くなる主人公で、憑依元ごとに5通りの人格に変わった。松坂桃李は『侍戦隊シンケンジャー』(2009年)で、現代の話だが志葉家十八代目当主として「殿」と呼ばれ続け、そばには家老の「ジイ」がつかえる浮世離れした存在だった。若手演技派の注目株である菅田将暉も、『仮面ライダーW』(2009年)では常に本を読み知識欲は強いが、人とコミュニケーションをとれない変わり者だった。

「もちろん、オーディションで選ばれる仮面ライダーや戦隊シリーズ出演の俳優はすべて、恵まれた才能を持っていると思います。そのなかでも、コスプレのなりきり感が強いヒーローを演じていた人ほど、番組終了後にブレイクしやすいですね。

 今年の2月まで放送していた『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年)も、変身するときサンバのリズムで踊ったり、『荒れてみな!』というキメ台詞や服装、髪形もほかのドラマへの汎用性がないヒーローでした。だから、リーダーのキョウリュウレッド役だった竜星涼君は近いうちに誰もが知る人気俳優の仲間入りをするのではと期待しています」(芸能ライター)

 次にブレイクする若手俳優は、どんなヒーロー出身になるだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NHK紅白歌合戦珍事件 加山雄三の「仮面ライダー事件」とは
仮面ライダーの変身ポーズ 元祖は1号ではなく2号だった
藤岡弘、 CGない時代の爆破「砂粒が肌にめり込んで痛かった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP