ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ルーブル急落でイブラヒモビッチが533億円の損失!アーセナルのオーナーも950億円・・・

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ルーブル急落でイブラヒモビッチが533億円の損失!アーセナルのオーナーも950億円・・・

連日、ロシアのルーブルが大暴落しているニュースが報じられているが、アラブマネーの前にプレミアリーグなどを席巻したロシア人オーナー達は、どうなっているのだろうか?

まず真っ先に名前が挙がるのが、チェルシーの名物オーナー、ロマン・イブラモヴィッチ氏。サッカー界では3番目に裕福なオーナーと言われており、米経済誌『フォーブス』が伝えた春時点の保有資産は、91億ドル(1兆800億円)。しかし今回のルーブル暴落で、2日間で4億4950万ドル(533億円)を失ったとのこと。

ロシア人オーナーといえばもう一人、サッカー界イチ、そしてロシアでもNo1の富豪、アーセナルのオーナー、アリシェル・ウスマノフ氏がいるが、こちらは総資産186億ドル(2兆2000億円)に対して損失8億900万ドル(950億円)。額が大きいのは判るが、庶民からしたらとにかく想像もつかない額の損失となっている…。

特にこの2人のインパクトが大きいのは、共にエネルギー関連企業のオーナーだということもある。石油の原油安で軒並み産油国が打撃を受けている状態で、特にロシアはルーブル安が続いているそうだ。

今夏も、再度「メッシを獲る」と発言していたアブラモヴィッチ氏だが、原油安の大打撃で今後のチェルシーの補強状況も変わってくるのか気になるところだ。

■参照リンク
http://www.vanityfair.com/online/daily/2014/12/russian-billionaires-lost-48-hours

関連記事リンク(外部サイト)

ラッパー:SKY
光学65倍ズームできるカメラを持って、リア充だらけのイルミネーションに行ってみた
ロッテリアがポテト不足のマクドナルドを挑発!「ポテトはどのサイズでもご用意できます」
インスタグラム、Tumblr、Flappy Bird・・・ネット業界で億万長者になった人10選
真面目すぎる芸人”エスパー伊東”の知られざる芸への謙虚な姿勢

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。