ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年の冬のボーナス 4人に1人は「増えた」と回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

総合転職情報サイト「マイナビ転職」は2014年12月19日、「冬の賞与に関する実態調査2014」を発表した。この冬に賞与を支給された25歳から39歳の正社員で、転職を検討している480人から回答を得ている。

今年の夏の賞与額を比較すると、11%以上「増えた」と回答した人が4人に1人(24.2%)。業種別では「医療・福祉」が36.7%と、全体より12.5ポイント上回った。「運輸・交通・物流・倉庫」でも33.3%と高い水準となっている。
ただし「ボーナス支給なし」の人を含めず

支給額は、月給の「2.0ヶ月分以上2.5ヶ月未満」だったと答えた人が30.0%で最多。次いで「1.0ヶ月以上1.5ヶ月未満」が17.7%だった。

支給額が「3ヶ月分以上」と答えたのは、全体の9.2%。業種別では「運輸・交通・物流・倉庫」の16.7%、「金融・保険」の15.0%が上位で、会社の業績回復の恩恵を受けている。

一方、「1.0ヶ月未満」しか支給されないという回答者は、全体で18.4%。「サービス・レジャー」業界で28.3%、「不動産・建設・設備」業界で23.4%だった。ただし、まったく支給されていない人と比べれば、まだ恵まれているのかもしれない。

また、昨年から支給額が上昇したものの、理想にはまだ遠いよう人も少なくないようだ。例えば「医療・福祉」業界の人が考える理想の賞与額が70.3万円なのに対し、実際の支給額は40.5万円。30万円もの開きがある。

その一方で、「金融・保険」業界では、理想が93.4万円に対し、現実は70.3万円。その差は23.1万円で「医療・福祉」業界よりも差が小さく、実際の支給額も大きいので、満足度は比較的高いとみられる。
東証1部上場の大手企業は「1人平均85万円」

大手企業に絞ると、ボーナスの恩恵はさらに大きくなっているようだ。経団連の調査によると、東証1部上場で従業員500人以上の157社における従業員1人あたりの平均賞与額は84.8万円で、昨年と比べて約4万円超の増。2年連続の増加となった。

前年比の増加率は5.26%で、これは平成2年のバブル期以来24年ぶりの高い伸び率。前述の「マイナビ転職」の平均40.5万円と比べると45万円近い差があり、大手企業の社員にはより温かい冬となっているようだ。

あわせて読みたい:正社員の平均年収442万円 「40~50代の年収減少」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP